結婚すると、実家同士でお歳暮を贈ったらよいのか迷うかもしれません。実家から相談される場合や、自分が実家側で悩むこともあるでしょう。

そのような悩みがある人向けに、実家同士はお歳暮を贈ったほうがよいのか、詳しい事情を紹介します。贈ることを選択した場合の相場やマナー、またやめるときの対処方法も合わせて確認してみてください。

実家同士のお歳暮は「各家庭のルールによる」

結婚すると実家同士がお歳暮を贈るのか悩みますが、贈る相手に決まりはありません。家庭によって考え方や風習が異なっており、「家庭により異なる」わけですが、悩んだときのおすすめ対処方法を紹介しますので参考にしてみてください。

夫婦で最初に決めてしまう

お互いの実家に角が立たない方法を選びたいなら、最初に夫婦で贈らないと決めてしまうといいでしょう。どちらかの両親の意見を聞くのではなく、夫婦で決めた内容を自分の実家に伝える方法です。

あなたが娘なら自分で義実家に伝えるのではなく、旦那さんから両親に説明してもらえれば角が立たないでしょう。旦那さんは自分の両親や兄弟の考え方も理解しており、最初からお歳暮はなしにする気持ちが伝えやすくなります。

もしかしたら、お互いの両親もお歳暮を贈ったほうがよいか悩んでいるかもしれません。娘が嫁いでいった側としては「娘をよろしく」という想いがあるもので、娘さんをもらった側としても「娘さんを大切にしています」という想いをお歳暮で伝えたくなるものです。

また、どちらかの両親が昔からの習慣にこだわってしまい、一方的にお歳暮を贈って関係性が悪くなることも考えられます。最初から夫婦間で決めてしまえば、お互いの両親にとっても迷わずに済むためおすすめです。

挨拶代わりに贈る

お歳暮はお世話になった方へ感謝の気持ちを伝える贈り物です。そのため、上司や取引先などに贈る場合が多いようで、実家間はどちらもお世話になる関係ではないので、お歳暮を贈らなくても問題ありません。

最近では、お歳暮を挨拶代わりに贈るケースが増えています。実家間でお世話になることがなくても、「来年もどうぞよろしく」という挨拶として贈る考え方もあります。

別の贈り物をする

お歳暮を贈ると堅苦しくなってしまうと考えるなら、何かの機会で贈り物をする方法もおすすめです。お中元やお歳暮という形にこだわるのではなく、地元の食べ物を贈り合うのもよいでしょう。

岡山県産シャインマスカットの写真

贈り物にシャインマスカットはいかがですか?
岡山が誇る名産品シャインマスカット。
圧倒的な糖度を誇りながらも、すっきりした味、種無しで大きな粒を皮ごと食べられます。
お中元にもピッタリ。先様にも喜んでいただける特選夏ギフトです!

実家同士で贈り合う「メリット」と「相場」

実家同士でお歳暮を贈ったらよいのか迷うときは、贈るメリット・相場・おすすめの品などを確認してみてください。贈る選択をするときは、お互いに負担の少ない対応がおすすめです。

実家同士が贈るメリット

お歳暮を贈る負担を感じていないなら、実家同士が贈るメリットに着目してみましょう。贈り物をすればお互いの実家間で交流が生まれやすくなり、親同士が顔を合わせた際の話のネタになります。

また、相手の好みを把握するため、親世代と子ども世代の交流も深まるでしょう。両親と嫁や婿との共通の会話になります。

相場

実家同士がお歳暮を贈る相場は、3,000円~5,000円です。安すぎず、高すぎて気を遣わせない金額としては、5,000円くらいがよいかもしれません。

お歳暮の品の金額で迷ったら、贈られた品物と同等にする考え方があります。一度贈った金額は来年も変えないのがマナーのため、お互いに負担の少ない金額にしましょう。

おすすめの品物

お歳暮のおすすめの品は、年末年始の家族団らんに使える食品です。アルコール・お菓子・特産品・果物・鍋セット・魚介類などを贈ると喜んでもらえるでしょう。

お歳暮が届いたら「お礼の電話」か「お礼状」を

お歳暮をいただいたら、お礼を伝えたいものです。実家同士という親しい間柄であっても、今後長い付き合いとなるため、お礼状や電話で感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

お礼の伝え方

お歳暮のお礼を伝える正式なマナーは、お礼状を出す方法です。手紙を出すのが丁寧なやり方ですが、はがきを出す方法でも構いません。

手紙やはがきでお礼状を出す場合は、相手に気持ちが伝わるよう手書きがおすすめです。字をうまく書けなくても問題はなく、丁寧に書けば感謝の想いが伝わりやすくなります。

手紙やはがきだと到着までに時間がかかるため早めに伝えたいなら電話する方法でも相手に対して失礼になりません。また、相手との関係性によっては、電話で済ませる場合もあります。

電話で伝える方法なら、相手に品物が届いたのかどうか心配をかけずに済むでしょう。お礼状を出すのが遅くなりそうなときは、電話で連絡してからあらためてお礼状を出す方法もあります。

お礼を伝える内容

お礼状と電話どちらでも、伝える内容は同じです。文章や言葉の体裁を気にする必要はなく、お歳暮が届いたこと、喜んでいること、感謝の気持ちの3点を伝えるようにしてください。

贈った相手は品物が無事に届いたのか心配しているはずなので、まずは到着したことを伝えます。続いてどのようにお歳暮の品を気に入っているのか具体的に伝えましょう。

最後に、お歳暮を贈っていただいた感謝の気持ちを伝えます。いただいた品が好みではない場合もありますが、感謝の気持ちとは相手の心遣いへの感謝のことです。

お歳暮をやめる「タイミング」や「方法」

最初は「どうぞよろしく」という想いから実家同士でお歳暮を贈り合うことがありますが、年齢を重ねると金銭・心理・身体的な負担に感じてしまうかもしれません。お歳暮は基本的に数年はやり取りを続けるのがマナーですが、途中でやめたくなった場合の対処方法をいくつか紹介します。

お礼状でさりげなく断る

先方からお歳暮が届いてお礼状を出す際に、来年からは辞退する旨を伝える方法があります。断る場合は直接的な断りの言葉ではなく、柔らかい言葉を使うようにしましょう。

たとえば、「お気遣いをなさりませんように」や「来年のご挨拶を失礼させていただきたく存じます」などの言葉です。お歳暮の贈り物自体は喜んでいるのですが、相手に負担をかけてしまい申し訳ないという言葉を使うと角が立ちません。

子ども夫婦から実家に伝える

実家から来年のお歳暮をやめたいと伝えられたら、まずは夫婦間で話し合いましょう。実家同士で直接やめたいと伝える方法や、嫁が義実家に伝える方法より、まずは旦那さんに相談することです。

親が子どものパートナーの実家にお歳暮を贈るのは、大切な子どもを想ってのことだからです。直接断りを入れるとその気持ちを無下にしやすくなり、義理の娘や婿から伝える方法も角が立つ可能性があります。

それよりも自分の子どもから伝えられれば、素直に受け止めてくれるでしょう。自分の親が負担になっているのを心配していると伝えると、実家同士の関係が気まずくなりません。

また、お互いの実家もやめるきっかけが欲しいと考えていれば、話はスムーズではないでしょうか。

直接伝える

実家同士が仲良くしているなら、直接伝える方法でもよいかもしれません。電話をかけるような間柄であれば、お歳暮のお礼を伝える電話でさりげなく断る方法があります。

直接断る場合でも、「大変申し訳ないのですが」とお詫びの言葉を付け加えるといいでしょう。親しい間柄であれば、周りくどい言い方をせず、ストレートに伝えても問題なことがあります。

娘や息子が代わりに贈る

お歳暮は昔からの風習だからやめられないという事情があるなら、そのまま続けるしかないかもしれません。実家に負担をかけないため、娘や息子が親の代わりに実家名義で贈る方法もあります。

うな重の写真
豊洲市場の目利きが厳選した鰻特集ページはこちら>>