お歳暮で相手の好みがわからないと、贈る品物の種類で迷ってしまうかもしれません。感謝の気持ちを伝える贈り物なので、相手が困るものを贈ってしまうのは避けたいはずです。

そのような悩みがあるなら、贈ると困る品物の種類を確認しておきましょう。最低限避けたい品物を把握しておけば、相手へ失礼にあたる心配がありません。

お歳暮の品物で相手を困らせないよう、相場・種類・注意したいものを紹介します。また、迷ったときの定番商品も合わせて紹介しますので参考にしてみてください。

お歳暮の「相場」を知って、関係性に合ったものを贈ろう

相手に贈って困らせてしまうお歳暮といえば、相場より高価な品物があります。とくにお世話になった方へは金額が高い品物を贈りたいと考えるかもしれませんが、高価な贈り物は相手に気を遣わせる恐れがあるため注意が必要です。

贈っても困らないお歳暮を心掛けたいなら、相場を意識してみてください。また、お歳暮は一度贈ると毎年贈るもので、翌年から金額を下げることは失礼にあたるため、毎年続けやすい金額設定にすることが重要です。

お歳暮の相場は、相手との関係性に合わせて変更します。1年の感謝の気持ちを伝える贈り物で、来年もよろしくお願いしますという意味も込められているため、贈るものの金額はマナーを守るようにしましょう。

一般的な相場

お歳暮の相場は、3,000円~5,000円です。親戚・知人・会社の取引相手などは、この金額で調節するとよいです。

深くかかわった方への相場

とくにお世話になった方や、深くかかわった取引相手へのお歳暮は、5,000円~10,000円が相場です。ただし、お歳暮で高価な贈り物をするのは失礼という考えの方もいますし、自分としても毎年高価な贈り物をしなければならず、負担とならないように気をつけてください。

お中元より2~3割高め

毎年お中元とお歳暮の両方を贈る場合では、お中元よりお歳暮の金額を2~3割高くする考え方があります。なぜなら、お中元は上半期のお礼ですが、お歳暮は1年のお礼となるからです。

それぞれの金額相場は人によって異なっており、どちらも同額の贈り物をする人は少なくありません。最終的には来年も贈りやすい金額、相手や自分に負担がない金額で調節してみてください。

お歳暮には「贈ってはいけないもの」がある

お歳暮には贈ってはいけない、マナー違反となる品物があります。基本的には目下から目上への贈り物のため、悪い意味を連想させる以下のような品物は選ばないようにしてください。

刃物

ハサミ・包丁・ナイフなどの刃物は、「縁を切る」意味を連想させるため、お歳暮の品物に向いていません。刃物は日常でよく使うもので相手が喜んでくれる感じがしますが、悪い意味にとらえられる恐れがあります。

履物

スリッパ・靴下などの履物は、「足で踏みつける」意味を連想させます。ほかにも、靴や敷物なども同じ意味があるので、とくに上司への贈り物としては注意してください。

ハンカチ

ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書くため、「手切れ」を連想させ、縁を切る悪い意味としてとらえられる恐れがあります。何枚あっても困らずちょっとした贈り物に向いているハンカチですが、お歳暮には向いていません。

調味料

調味料はお歳暮で人気の品物で人によっては喜んでくれますが、「貧乏」という意味でとらえる場合があります。マナーに厳しい上司へ贈るのは避けるとよいでしょう。

また、海苔やお茶など香典によく用いる品物も、習慣にこだわる方へは失礼にあたるかもしれません。ただし、調味料・海苔・お茶が本当に好きな方に贈るなら、極上品を選ぶと喜んでくれるはずです。

時計や筆記用具

時計や筆記用具は、「勤勉奨励」の意味があります。「もっと学びなさい」や「もっと仕事に励みなさい」という意味なので、上司への贈り物としては適していません。

死や苦を連想させるもの

櫛は「苦」と「死」を連想させるため、縁起が悪いと考える方がいます。また、数にこだわる方は、個別包装の数が4や9を避けて、末広がりの8やラッキーナンバーの7がおすすめです。

ご両親や義理のご両親への贈り物に粕漬はいかがでしょうか?
信州の老舗酒造「大雪渓酒造」の酒粕にじっくり漬け込んだプロの味です。噛むほどに酒粕と魚の旨味が押し寄せてきます。

「生鮮食品」や「賞味期限の短いもの」には注意しよう

お歳暮で贈って喜ばれる品物でも、贈り方に注意したいものがあります。生鮮食品や賞味期限が短い品物を贈るときは、相手が確実に受け取れて早めに食べられる配慮が重要です。

生鮮食品

生鮮食品は冷蔵や冷凍の保存が必要なため、相手が受け取れる日時を確認しておきましょう。相手が不在のときに配送されてしまうと再配達となり、受け取ったときにはすでに賞味期限が切れている恐れがあります。

お歳暮に生鮮食品を贈るときは、電話やメールで相手に到着日を知らせておくか、品物が届く2日~3日くらい前までに送り状がつくよう送付してください。

目上の方へは送り状を送付する

本来お歳暮とは、相手のお宅に訪問して品物を手渡しするものです。その際に口頭でお礼を伝えると、相手に感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

ただし、最近はお歳暮を配送するケースが増えており、配送だと直接お礼が伝えられないため、その代わりとして送り状を用います。贈る相手が目上の方の場合、いきなり品物を贈るのは失礼にあたるので、事前に送り状を用意したいものです。

「アレルギー」や「好みの分かれる品物」にも配慮出来ると完璧

食品はお歳暮の品物として定番ですが、相手に合わせて品物の種類を変えるようにしましょう。相手が贈られて困る食品の種類や、金額がわかる品物は注意が必要です。

アレルギーを確認しておく

小麦やそばなど、アレルゲンとなりやすい食品を含む贈り物は、相手にアレルギーがないか事前に確認しておきましょう。卵・牛乳・小麦などアレルギーの原因となりやすいものや、ナッツ類・甲殻類でも注意が必要です。

嗜好品は好みに合わせたもの

日本酒などのアルコールやコーヒーは嗜好品で、人によっては苦手なため飲むことができないかもしれません。相手が好きだとわかっている場合に留めましょう。

商品券や現金

金額がわかる商品券・現金・ギフト券をお歳暮に贈ると、マナー違反ととらえられる場合があります。とくに目上の方へは失礼にあたるので避けたほうが無難です。

迷ったら「定番商品」や「人気商品」を贈ると失敗が少ない

お歳暮選びで困ったら、定番商品や人気商品から選んでみてはいかがでしょうか。ハムなどの加工品・ビール・肉・調味料などがあります。

ハムなどの加工食品

ハム・ソーセージのギフトセットは、お歳暮の定番商品です。賞味期限が長く、年末年始のおもてなしにも使えるため、喜んでくれるはずです。

年末年始に人が多く集まる家庭や、お酒が好きな方におすすめの商品となります。年配の方でも高級感のある加工食品を楽しみにされている方は少なくありません。

お菓子ギフト

子どもがいる家庭や、甘いものが好きな方に喜ばれるのが、お菓子ギフトです。ブランドお菓子も売られており、上司や義実家への贈り物にも向いています。

また、個別包装されているお菓子ギフトは、家族が多い方やビジネスで取引先に贈る際にも適しています。家族の年齢層が幅広いなら、誰でも楽しめる和菓子セットがおすすめです。

年末年始のおもてなしギフト

年末年始に家族が集まる家庭へは、みんなで食べられるギフトが喜ばれます。鍋セット・カニ・新巻鮭・数の子など季節感のある食べ物が人気です。

地酒セット

お酒が好きな方へは、地元の特産の地酒を贈ると喜んでもらえるでしょう。クラフトビール・ワイン・日本酒など種類が豊富で、相手の好みに合わせたものがおすすめです。

また、ビール・発泡酒はお歳暮ギフトでも上位に入る人気商品です。年末年始に家族が集まる家庭では、おもてなしにビールを贈ると喜んでもらえます。

調味料

料理が好きな方や健康に気を遣う方には、調味料セットがおすすめです。長期保存が効きやすく、毎日の生活に活用しやすい実用性があります。

調味料をお歳暮で贈るなら、普段使いのものよりワンランクアップさせてみましょう。素材にこだわった調味料は、使う際のワクワク感がありますし、健康志向が高い方も満足できる贈り物となります。

うな重の写真
豊洲市場の目利きが厳選した鰻特集ページはこちら>>