お歳暮を贈り慣れていないと、どこで買うとよいのか迷うかも知れません。以前は百貨店で買うのが定番でしたが、最近はお店の種類が増えているため、それぞれのメリットを確認しておきましょう。

どこで買うか迷う人向けに、百貨店・ネット通販の特徴と気をつけたいマナーを紹介します。自分が買いやすい場所や、贈る相手に合わせて選んでみてください。

お歳暮は感謝を直接伝えられる「手渡しが基本」

お歳暮をどこで買うのかの前に、どうやって贈るのかを確認しておきましょう。お店・ネットショップなどでお歳暮の品を買う際に、配送するか持ち帰るか確認されるため、どちらの方法を選ぶのか決めておいてください。

手渡しが基本

お歳暮はお世話になった方へ感謝の気持ちを伝える贈り物のため、手渡しが基本です。配送でも手紙で感謝の言葉を伝えることは可能ですが、気持ちの伝わりやすさで考えると手渡しがよく、相手に対して敬意を払うこともできます。

近年は配送が多い

最近は忙しい方が増えており、贈る側と贈られる側どちらも都合がよいのは配送かも知れません。お互いのスケジュールが合わないなら、お店やネットショッピングでお歳暮の品を購入して配送するとよいでしょう。

配送のメリットは、いつでも好きなときに荷物を受け取れる点です。宅配便でお歳暮を贈るときは、事前に封書やはがきで挨拶状を出し、感謝の気持ちと荷物の到着日を伝えるようにしてください。

百貨店とネット通販「それぞれのメリット」

お歳暮を買う場所は、代表的なものでは百貨店とネット通販があります。また、身近な場所ではスーパーで買う方法もありますが、どこで買うか迷ったらそれぞれのメリットを比較してみてください。

百貨店・デパート

目上の方へお歳暮を贈る場合は、百貨店での購入がおすすめです。百貨店でお歳暮の品を購入すると、包装紙の様子から百貨店で買ったことが先方に伝わりやすくなります。

とくに年配の方へは、百貨店で買ったお歳暮を贈ると、印象がよくなる場合があるでしょう。その理由は、多くの人が百貨店で扱う商品は品質に問題がないと感じており、包装やのしの扱いにも間違いがないからです。

また、百貨店ならお歳暮の品を実際に見て選べるメリットがあります。大きさ、品質、量などを見て確かめることが可能で、慎重に品物を選びたい場合にデパートはおすすめです。

近くに百貨店がないときや忙しく百貨店に買いに行けないときは、百貨店のネット通販を利用してみてください。ネット通販でもお店と同様の対応が得られるため、安心して利用することができます。

ネット通販

お歳暮の購入費用を抑えたいときはネット通販がおすすめです。ネット通販は店舗の経費節約が可能で、その分を顧客還元の形でお得に売られている、またはポイント還元をしていることがあるため、実店舗と比べて数%安く買える場合があります。

また、時間的な制限があるときも、ネット通販がおすすめです。年末年始はどのお店も買い物客で賑わっており、購入や配送手続きに時間がかかりますが、ネット通販ならその心配がありません。

ほかにも、ネット通販ならバリエーション豊富なのも魅力のひとつといえます。近くのお店では取り扱わない商品や、こだわりのご当地グルメ・海外製品など、相手に合わせた商品を選びやすいのはネット通販です。

ネット通販でお歳暮を選ぶと、贈った実感が少なく後ろめたさを感じるかも知れませんが、お歳暮を贈る件数が多い場合にネット通販はおすすめです。お歳暮を贈り慣れている方なら、ネット通販の注文でも商品選定で失敗が少ないため、問題は少ないでしょう。

スーパー

時間がないときや買い物のついでに買いたい場合は、スーパーがおすすめです。百貨店と同様に実物を確認できる点がメリットとしてあります。

百貨店が遠方だと交通費がかかりますが、近くのスーパーなら買いに行く手間がありません。最近のスーパーは、百貨店に引けを取らないくらい品ぞろえが豊富なところもあります。

お歳暮の「選び方のポイント」

お歳暮の品物選びで迷ったら、次に紹介する方法がおすすめです。1年の感謝の気持ちを伝える贈り物のため、相手に合わせて選んでみましょう。

品物は、相手が苦手ではないとわかっているものを選ぶのが基本です。お中元よりお歳暮を重視する方が多いため、お中元よりお歳暮は2割程度高い値段がおすすめですが、毎年贈るものですから予算に合わせて無理のない金額で選んでください。

家族構成に合わせて

1人暮らしの方へは少量で豪華なものを、夫婦2人なら日持ちするハムギフトを、子どもがいる家庭へはみんなで食べられる大容量グルメ、三世代家族には幅広い年齢に対応する和菓子など、家族構成に合わせて選んでみてください。

季節感のあるもの

お歳暮の品物は、寒い季節にピッタリの定番ギフトを選ぶ方法があります。年末年始の集まりに皆で食べられる鍋セット・カニ・新巻鮭・数の子などや、入浴剤などの温かいグッズが人気です。

ご当地グルメ

自分が住んでいる地域のグルメを贈ると、喜んでもらえるでしょう。地ビールや地元の人しか知らない人気グルメや調味料を贈る方法もおすすめです。

直接配送する際に気をつけるべき「マナー」

お歳暮を買う前に、贈り物のマナーを確認しておいてください。お店の種類によって対応が異なっており、また注意点も異なるため確認がおすすめです。

送り状を出すこと

直接お歳暮を持参できないときは、1年お世話になったお礼とお歳暮を配送した旨を伝えるため、封書やはがきを送ります。商品とは別に郵送する「送り状」と、商品に添える「添え状」から選んでください。

目上の方へは、別便で贈る送り状がおすすめです。商品が届く前に送り状を出しておくと、先方は商品受取日を把握できて予定を立てやすくなります。

商品と一緒に添え状を出したいときは、ショップの対応を確認してください。自分で作成した添え状をつけられるか、また定型文から選べるかを確認します。

親しい間柄の方へお歳暮を贈るときは、電話やメールで知らせても構いません。この場合でも、日頃お世話になった感謝の気持ちを伝えます。

名前の間違いに注意

ネット通販でお歳暮を注文する際には、贈り先の名前・住所を間違わないように注意してください。手入力だとミスが生じやすくなるため、リストからコピーして貼り付ける方法が確実です。

相手に失礼になりやすいのは、名前の漢字を間違っている場合です。ショップに注文情報を送信する前に、間違いがないか再度確認しましょう。

贈る時期

お歳暮は地域によって贈る期間が異なります。関東では12月1日~12月20日ごろですが、関西は12月10日~12月20日ごろまでです。

のし紙のかけ方

お歳暮を配送するときは、「内のし」が一般的です。包装紙の内側にのしをかける方法で、配送の際にのしが汚れる心配がありません。

うな重の写真
豊洲市場の目利きが厳選した鰻特集ページはこちら>>