特定地域の特産品が選べるふるさと納税は、お歳暮として贈ると魅力的な感じがするかもしれません。しかし、誰にならふるさと納税の返礼品を贈ってもよいか迷うでしょう。

そのような悩みがある人向けに、お歳暮としてふるさと納税を利用しても失礼ではないのか、また誰宛てなら問題がないのか、贈るときの注意点はあるのか、詳しく紹介していきます。ふるさと納税の仕組みも見直して、お得に活用してみてください。

ふるさと納税の返礼品とは「寄附した自治体の特産品・名産品」

お歳暮にふるさと納税を利用しても問題ないかの前に、まずはふるさと納税の仕組みを見直してみましょう。返礼品がもらえる仕組みがわかると、お歳暮に使っても大丈夫なのか判断しやすくなります。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは、自分が応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。本来なら自分が住む自治体に納税しますが、ふるさと納税で寄附をすると所得税と住民税に対し控除が受けられるようになり、応援したい自治体に寄附ができます。

お歳暮にふるさと納税を利用するメリット

年収や家族構成により控除金額の上限が決められており、ふるさと納税でお得になる金額は人によって異なります。控除上限内で寄附をすると、2,000円を超える寄附金額が控除される仕組みです。

ふるさと納税を利用すると、実質2,000円の自己負担額で寄附した自治体から特産品などの返礼品がもらえるためお得です。税金はどちらにしても支払わなければなりませんが、その金額を好きな自治体に寄附してそのお礼として返礼品がもらえるため、少ない自己負担額で返礼品をもらえることになります。

お歳暮にふるさと納税を利用するとは、自己負担額2,000円でもらった返礼品を贈るという意味です。控除金額上限内であれば自己負担額は一律2,000円で、ひとつずつの自治体ごとに2,000円かかるという意味ではありません。

「お歳暮専用」の返礼品を用意しているサイトもある

ふるさと納税は好きな自治体に寄附をすると返礼品がもらえることは理解したとは思いますが、その返礼品をお歳暮に活用する方法がピンとこないかもしれません。実は、お歳暮として利用できる自治体があるため、ネットショップでお歳暮の品を買う方法と変わりがありません。

心配な方は、どのように利用すればふるさと納税の返礼品をお歳暮として活用できるか確認しておいてください。

ふるさと納税でお歳暮を活用する方法

一般的なやり方は、お歳暮対応の返礼品を用意している自治体を選ぶやり方です。直接自治体の申込ページを確認するか、各種ふるさと納税ポータルサイトを通してお歳暮専用の返礼品を比較してみてください。

お歳暮として使える返礼品は、のし付き対応可能で、届日指定可となり配送先を自由に選べます。ただし、のし対応の返礼品でも、一般的なお歳暮の品と比べて簡易的なのし対応の場合があるため注意しましょう。

また、お歳暮対応の返礼品の多くは、期間限定サービスです。申込期限が過ぎてしまえば利用できないため、早めに確認してください。

心配なら自分宛に贈ってみる方法も

ふるさと納税の返礼品はお歳暮の専用商品ではないため、受け取る方がふるさと納税に詳しければ商品の種類や管理番号などから相手がそれだと気づくかもしれません。ただし、ギフト用の梱包対応で、のし付き・発送元はあなたになれば発送元に自治体名がなく、先方がよほどふるさと納税に詳しくなければ心配は少なくなります。

どうしても心配な場合は自分が返礼品を受け取ってから、あらためて相手に贈り直す方法がおすすめです。自分が受け取れば、梱包状態や発送対応の状況がわかるため、来年からは直接先方に贈っても安心でしょう。

岡山県産シャインマスカットの写真

贈り物にシャインマスカットはいかがですか?
岡山が誇る名産品シャインマスカット。
圧倒的な糖度を誇りながらも、すっきりした味、種無しで大きな粒を皮ごと食べられます。
お中元にもピッタリ。先様にも喜んでいただける特選夏ギフトです!

ふるさと納税を利用する場合の「注意点」

ふるさと納税を利用してお歳暮を贈ると負担金が少なくなりお得です。しかし、もともとお歳暮専用商品ではないため、注意点を確認してから利用するようにしてください。

目上の方に贈らない

ふるさと納税の返礼品は上等なものが多くありますが、贈答品として選んだものではないため、目上の方に贈るのは避けたほうがよいでしょう。お歳暮はお世話になった感謝の気持ちを伝える贈り物で、デパートなどで先方が喜んでもらえる品を選びたいものです。

どうしてもふるさと納税の返礼品をお歳暮として贈りたいなら、家族や知人など親しい人に贈るとよいでしょう。親しい人であれば、最初からふるさと納税の返礼品を贈る旨を伝えやすくなります。

のしの対応を確認する

お歳暮対応の返礼品は、簡易のしの対応のことがあるため注意してください。のしは、内のし・外のし対応なのか、記名は自由に選べるのか確認がおすすめです。

配送日が指定できるか

お歳暮対応の返礼品の多くは、配送日の指定ができません。自治体が準備でき次第発送されることが多いようで、お歳暮の期間に配送できないことがあります。

また、日付指定可能な返礼品の場合でも、お歳暮の時期は大変混み合いますので、早めの申込がおすすめです。返礼品が発送されると自治体からメールなどで連絡がくるので、到着日がわかったら先方に知らせておくとよいでしょう。

賞味期限が短くないか

生ものなど極端に賞味期限が短い返礼品は、避けたほうがよいかもしれません。冷凍便や冷蔵便ではっきりとした配送日がわからないと、先方に到着日を事前に連絡することができず、先方が受け取れないと賞味期限が切れてしまう恐れがあるからです。

「家族へのお歳暮」や「自分へのご褒美グルメ」がおすすめ

相手にふるさと納税の返礼品だとバレてもよい場合は、幅広い品から選べるふるさと納税を活用してもよいでしょう。家族や友人にお歳暮を贈る方法なら、かえって相手も気を遣わず気軽に受け取ってもらいやすくなります。

ふるさと納税の返礼品は、グルメ商品が人気です。肉・鍋セット・フルーツ・お米などその地域の特産品が用意されており、自分へのご褒美や親しい人へのお歳暮としておすすめです。

お歳暮は年末年始が近いため、おもてなし用のグルメを贈ると喜んでもらえます。また、一人暮らしの家庭の場合では、日持ちするものや調理がいらないグルメを選んでみてください。

また、ふるさと納税を活用すれば、自分が住まない地域のグルメ商品を贈ることができます。自分がもらって美味しかった返礼品を、親しい方へのお歳暮として贈ってみてはどうでしょうか。

うな重の写真
豊洲市場の目利きが厳選した鰻特集ページはこちら>>