お歳暮を贈り慣れていないと、何を贈ったらよいのか迷うかもしれません。初めて贈る方だと、相手が気に入ってもらえるか悩む場合もあります。

品物選びで悩む方向けに、基本の選び方や相手別の選び方を紹介します。また、どこで選ぶのがよいのか、どのような定番ギフトがあるのかも合わせて紹介しますので、参考にしてみてください。

お歳暮の選び方の基本は「相手に喜んでもらえるもの」

お歳暮の品の選び方は、相手に合わせることが基本のマナーです。相手の嗜好、家族構成、お世話になった度合い、予算など幅広い面から選びながら、贈ってはいけないものを避けるようにします。

相手の好みに合うものが基本

お歳暮の品は、相手に喜んでもらうため、相手の好みに合うものを選びます。選び方は、相手の年齢、家族構成、食に対する考え方などです。

ビールやコーヒーのような嗜好品は、相手が好きだとわかっていれば喜んでもらえます。また、普段から無添加や有機栽培にこだわる方なら、安心して食べられる食品がおすすめです。

好みがわからなければ定番の品

相手の食の好みがわからないときは、無理して嗜好品を選ぶのではなく、定番品がおすすめです。お菓子のように幅広い人が食べやすいものや、油などの調味料は失敗が少なくなります。

また、洗剤のように長期保存が可能で、日常生活で使う品も人気です。相手の好みがわからなければ、先方が自由に選べるカタログギフトを選ぶ方法もあります。

お歳暮で贈ってはいけないもの

悪い意味にとらえられやすい品は、感謝の気持ちを伝える意味があるお歳暮で贈らないようにします。踏みつけることを連想させる靴・スリッパ・マット、生活に困っていることを連想させる商品券・現金は注意が必要です。

また、縁を切ることを連想出せる刃物、みすぼらしい意味がある肌着もお歳暮の品として向いていません。

お歳暮で贈ってはいけない人

公務員は法律で利害関係者からの贈答品を受け取ってはいけない決まりがあります。状況によっては賄賂としてとらえられる恐れがあるため、事前に確認しておきましょう。

また、会社の方針や病院でも、お歳暮を受け取れない場合があります。受け取りが禁止されている取引先にお歳暮を贈ると、相手は断らなければならなくなり、気を遣わせるため事前の確認がおすすめです。

岡山県産シャインマスカットの写真

贈り物にシャインマスカットはいかがですか?
岡山が誇る名産品シャインマスカット。
圧倒的な糖度を誇りながらも、すっきりした味、種無しで大きな粒を皮ごと食べられます。
お中元にもピッタリ。先様にも喜んでいただける特選夏ギフトです!

贈る相手によって異なる「お歳暮の選び方」

お歳暮で贈る品選びで迷ったら、相手に合わせて選んでみましょう。相手別におすすめの品を紹介しますので、参考にしてみてください。

両親

年末年始に来客が多い両親へは、おもてなしグルメがおすすめです。来客向けに見栄えのするお菓子や、日本酒やビールのおつまみになる食品、お正月料理になる新巻鮭や数の子を贈る方法があります。

また、両親だけの家庭へ贈るなら、少量で食べきれる食品がよいでしょう。ボリュームのあるものよりも、少量でも高級感があるブランドスイーツやグルメがおすすめです。

上司

上司はたくさんの方からお歳暮をいただいているはずなので、特別感のある贈り物がおすすめです。地域特産のグルメ、高級感のある食品は印象に残りやすくなり、日頃お世話になっている感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

取引先

会社から取引先へお歳暮を贈るときは、スタッフ数人で食べられる小分けギフトがおすすめです。それぞれが個包装になっており、休憩の際に口にできる焼き菓子などのスイーツやコーヒーなどのドリンクが人気です。

友人

親しい間柄の方へ贈る場合は、相手に気を遣わせないちょっとした品がおすすめです。価格が手ごろでカジュアルな品なら、相手も気軽に受け取ることができます。

子どもがいる家庭

家族構成がわかっている方へは、世代を通してみんなで食べられるグルメがおすすめです。親世代と子だけなら大容量スイーツ、三世代家族なら洋菓子と和菓子のセットなどを選んでみてください。

また、家族みんなで楽しめる鍋やカニセットなど、季節感のあるグルメも人気です。好みがわからない家庭へは、好みの品が選べるカタログギフト、冬に温まれる入浴剤、家庭で使いやすい洗剤を贈る方法もあります。

どこで買う?「百貨店」「ネット通販」を選ぶ理由

お歳暮を買う場所は、百貨店やネット通販が一般的です。それぞれメリットがあるため、自分の買いやすさや相手に合わせて選んでみてください。

百貨店

目上の方にお歳暮を贈るなら、百貨店の利用がおすすめです。百貨店で購入すると包装紙や送り状から、百貨店で購入した品だと先方に伝わりやすくなります。

百貨店は品質や対応のよい印象から、とくに年配の方に人気です。同じ品であっても百貨店で購入したことがわかると、相手によい印象を与えられることがあります。

また、のしの対応をスタッフに相談できる点でも、百貨店はおすすめです。

ネット通販

時間や手間を気にせず選びたいときは、ネット通販が便利です。お歳暮シーズンになるとどのお店も混み合う傾向があるため、時間をかけたくないなら夜中でも注文に対応しているネット通販がいいでしょう。

また、ネット通販なら幅広い商品から比較できるメリットがあります。遠方の特産品をお取り寄せすることもできるため、相手に合わせた品を比較したいときにおすすめです。

ただし、注意点として実物を確認できないデメリットがあります。量や印象違いがあると困る場合は、店舗での注文がよいでしょう。

迷ったら「人気ギフト」「定番ギフト」を参考に

お歳暮の品選びで迷ったら、定番ギフトを選んでみてはどうでしょうか。ハム・ジュースなどのグルメは定番品で失敗が少ないため、迷ったら紹介するギフトを比較してみてください。

生鮮食品

年末年始は来客が多い時期で、普段はなかなか口にできない豪華なグルメを贈ると喜んでもらえます。生鮮食品を贈るなら、カニ・お肉・鍋などが人気です。

ただし、生鮮食品で冷蔵品は日持ちがしないため、配送日に注意しましょう。年末年始に使うことを想定する食品は、先方に事前に連絡しておいて、受け取れるか確認してください。

ハム

普段買わないような少し贅沢なハムセットは、お歳暮の品として定番です。賞味期限の長いものが多いため、すぐに食べられない家庭におすすめです。

また、ハム・ソーセージ・生ハムのセットは、年末年始のお酒のおつまみにもなります。カットするだけでよく、お肉が好きな方へ贈ると喜んでもらえるでしょう。

お酒類

年末年始に来客が多い家庭や、お酒が好きな家庭へは、日本酒・ビールなどのお酒セットが喜ばれます。地酒はなかなか手に入らないため、お酒が好きな方は毎年楽しみにしているかもしれません。

お酒をお歳暮で贈るなら、普段口にすることの少ないプレミアムなお酒がおすすめです。高級な銘柄や、名前を入れられる贈り物用のお酒セットも売られています。

洋菓子

甘いものが好きな方や子どもがいる家庭に喜んでもらえるのは、洋菓子のセットです。個別包装されており、数種類がセットになったものなら、好みに合わせて食べやすいでしょう。

また、ブランドスイーツなど見た目が豪華な洋菓子も売られており、上司や義実家に贈ると丁寧な印象を与えやすくなりおすすめです。洋菓子は種類が豊富で、クッキー・チョコレート・プリンなど相手の好みで比較してみてください。

カタログギフト

相手の好みがわからないときは、先方が自由に選べるカタログギフトを贈る方法があります。目上の方に現金や商品券を贈ると失礼になりますが、カタログギフトならその心配が少なくなります。

調味料

日常で使うことが多い調味料も、お歳暮の定番品です。お歳暮で調味料を贈るなら、普段使いのものよりワンランクアップした豪華なセットがおすすめです。

調味料は長期保存がしやすく、料理好きの方に喜んでもらえます。また、食や健康にこだわる方にワンランクアップの調味料を贈ると、相手への想いが伝わりやすいでしょう。

うな重の写真
豊洲市場の目利きが厳選した鰻特集ページはこちら>>