息子が結婚したばかりだと、嫁の実家にお歳暮を贈ったほうがよいのか迷うかもしれません。親世帯が直接お世話になる関係性ではありませんが、最初が肝心だと考えるのではないでしょうか。

一般的に嫁の実家にお歳暮を贈る理由や、贈る場合のマナーを紹介します。また、途中でお歳暮をやめたくなったときの対処方法も紹介しますので、参考にしてみてください。

お歳暮は嫁の実家に贈るのが一般的?

子どもが結婚したときには、嫁の実家にお歳暮を贈ったらよいのか迷うものです。しかし、これに正解はなく、最終的な判断は「それぞれの家庭で異なる」わけですが、どちらにするか迷う方向けに複数のパターンを紹介します。

子ども夫婦間で決めてもらう

嫁の実家にお歳暮を贈るか迷ったら、子ども夫婦間で最初に贈らないと決めてもらう方法があります。お歳暮は一度贈ったら最後まで贈る考え方があるため、最初が肝心だからです。

夫婦間で話し合った結果なら、お互いの実家に格差や精神的負担が生まれません。どちらかの実家が決めると角が立つ恐れがありますが、夫婦間のルールなら双方の両親も納得して受け入れることができるでしょう。

息子からお嫁さんに確認してもらう

嫁の実家へお歳暮を贈りたいときは、息子からお嫁さんに贈っても大丈夫なのか確認してもらうと安心です。もともと嫁の実家がお歳暮の習慣がないとわかれば贈らなくても問題はなく、お歳暮の習慣があるとわかれば贈っても相手に気を遣わせる心配がありません。

お歳暮の考え方は、地域や家ごとにより異なります。地域柄お歳暮を贈る習慣がある場合や、もともとお歳暮は面倒だと感じている家庭もあるため、お嫁さんに義実家の様子をさりげなく聞いてもらってもよいでしょう。

贈り合うパターンも多い

お歳暮は、日頃からお世話になった方への贈り物です。嫁の実家に息子がお世話になる機会はあるため、お歳暮を贈る考え方は間違いではありません。

ただし、嫁の実家がお歳暮を贈る習慣を大切にしているかどうかは、事前に確認しましょう。娘の嫁ぎ先の実家からお歳暮が贈られてきたら、娘を大切に思う気持ちから嫁の実家からもお歳暮のお返しをしなければならないと気を遣わせる恐れがあるからです。

お歳暮以外の贈り物をする

お歳暮が堅苦しいと感じている家庭でも、何も贈らないと実家同士の交流が生まれません。そのような場合では、何かの折に地元の特産を贈る考え方はよいでしょう。

特別な意味がない贈り物なら、相手に負担をかけません。相手は無理にお返しをしなければならないという心配がなく、こちら側も「お返しがない」とギクシャクとした関係にならずに済みます。

もともとお歳暮にお返しは不要ですが、どちらかが贈った・贈らなかったという理由で関係性が悪くなるようなら、お中元やお歳暮の形にこだわらない贈り物がおすすめです。

岡山県産シャインマスカットの写真

贈り物にシャインマスカットはいかがですか?
岡山が誇る名産品シャインマスカット。
圧倒的な糖度を誇りながらも、すっきりした味、種無しで大きな粒を皮ごと食べられます。
お中元にもピッタリ。先様にも喜んでいただける特選夏ギフトです!

お歳暮を贈る場合の「相場」や「品物」

嫁の実家にお歳暮を贈ると決めても、何を贈ったらよいか迷うかもしれません。そのような際には、お歳暮の相場に合った定番の品物を選ぶとよいでしょう。

相場

嫁の実家に贈るお歳暮の相場は、3,000円~5,000円です。一般的な相場と同等なのは、高価なものを贈ると相手がお返しに困る恐れがあるからです。

お歳暮の金額は地域やその家庭ごとに異なりますが、全国平均を目安にするとよいでしょう。嫁の実家だからといって張り切ってしまうと、先方が恐縮してしまい気軽に受け取れなくなってしまいます。

おすすめの品物

嫁の実家に贈るお歳暮として人気が高いのは、ハム・調味料・お菓子です。ハムの詰め合わせセットは、好き嫌いの少なさや見栄えのよさから人気があります。

先方の食の好みがわからないときは、誰でも使える油や醤油などの調味料を選ぶとよいかもしれません。甘いものが好きな方へは洋菓子や和菓子を、また果物ももらって嬉しいお歳暮の品です。

ほかにも、家庭で必ず使うもので好みが左右されにくいタオル・洗剤、冬の季節感がある牛肉や魚介類の鍋などの食品、梅干しなどの日持ちする食品もおすすめです。

贈ってはいけない品

お歳暮のもらって嬉しい品ランキングで上位に入るのは商品券です。しかし、商品券は金額がわかることから目上の方への贈り物に向いておらず、同等である嫁の実家は目上ではないものの避けたほうが無難でしょう。

ほかにも、コーヒーや日本酒のような嗜好品は相手が好みだとわかっている場合のみにしてください。嫁の実家に関わらずお歳暮に向いていないのは、踏みつける意味のあるスリッパや靴、縁を切る意味のある刃物やハンカチも注意が必要です。

また、相手が苦手だとわかっているものは、当然ですが避けるようにします。心配であれば、息子からお嫁さんに苦手なものがないか聞いてもらいましょう。

嫁の実家から「先にお歳暮が届いた場合」はどうする?

嫁の実家にお歳暮を贈ろうかと迷っていると、先にお歳暮が贈られてくることがあります。その際にどのような対応をしたらよいか、複数のパターンで紹介します。

お礼だけする場合

基本的にお歳暮にお返しは不要ですが、お礼の連絡だけはするのがマナーです。封書やはがきのお礼状を出す方法と、電話でお礼を伝える方法があります。

お礼は、お歳暮をいただいたお礼を伝える意味と、お歳暮の品が届いたことを伝える目的があります。先方はお歳暮の品が届いたのか心配している恐れがあるので、お歳暮をいただいたら3日以内にお礼を伝えるのがマナーです。

お礼状は、頭語など正しい書き方の封書で出すやり方が最も丁寧です。現代では双方の実家は同じ立場の関係性という考え方のため、はがきでお礼状を出しても構いません。

すぐにお礼状を出せないときは、まずは電話でお礼とお歳暮が届いた旨を伝えてから、あらためてお礼状を出します。また、親しい間柄であれば電話のみでも大丈夫です。

お返しをする場合

お歳暮はお世話になった方へ感謝の気持ちを伝える贈り物で、感謝に感謝を重ねると切りがないことから、お返しは不要といわれています。ただし嫁の実家からお歳暮が贈られてきてお返しをしないと、嫁の実家が目下だと勘違いされないよう、お返しする考え方もあります。

お返しがお歳暮の時期に間に合わないときは、年明けから松の内までは表書きを「お年賀」として、松の内からは表書きを「寒中見舞」に変えて贈りましょう。

一度だけお返しをする場合

お歳暮のお礼として一度だけお返しをするときは、表書きを「御礼」とします。その際の金額は、半返しや三分返しです。

また、初年度は嫁の実家からお歳暮が贈られてきたのでお返しをする場合でも、翌年からはやり取りを避けたい場合もあります。どうしても避けたいのであれば、子ども夫婦が間に入るようにして、今後の方針を決めてしまう方法がおすすめです。

お歳暮をやめたい時は「息子夫婦に相談する」とスムーズ

最初は挨拶代わりにお歳暮を贈ることがあっても、年齢的な影響から途中でお歳暮のやり取りをやめたくなることがあります。または、早々にやめたいこともあるため、角が立たない対処方法を確認しておきましょう。

3年が目安

地域や家庭によっては、両親が亡くなるまでずっとお歳暮を続ける考えの場合があります。しかし、お互い年を取ってくると金銭的な負担が出てくることや、いただいた食品が食べきれずに途中でやめたくなる場合があるかもしれません。

また、地域によっては最初の3年間だけ贈る考え方があります。3年間はひとつの目安となるため、最初は挨拶の意味で贈ったお歳暮でも、3年経ったらやめるよい機会です。

現代ではお互いの実家同士が顔合わせする機会は減っており、普段から付き合いがないなら、3年を区切りに断っても相手に対して失礼になりません。

直接断る

お嫁さんの実家からお歳暮が贈られてきたらお礼を伝えますが、その際に直接断る方法があります。直接お歳暮は不要だと断りにくい場合は、「孫のためにお金を使いたい」と伝えると相手も受け入れやすくなります。

また、古い考え方ですが、お嫁さんの実家は娘を嫁に出した側となり、旦那側を立てようとするかもしれません。そのような家庭だと嫁側からお歳暮を断りにくいため、旦那側が先に断ると相手に気を遣わせなくて済みます。

旦那側からお歳暮を断るときは、「長い付き合いとなるので、堅苦しいことはなしにしたい」と伝える方法がおすすめです。お互いに気を遣わなくてもよい関係性を築けるのが一番ではないでしょうか。

息子夫婦に相談する

先方に直接やめると伝えにくい場合は、息子夫婦に相談する方法がおすすめです。息子にやめたいと伝えて、お嫁さんから実家へうまく伝えてもらいましょう。

ずるずるとお互いがお歳暮を続けてしまうより、早めに対処したいものです。息子に相談すれば、お嫁さん側の実家の事情も把握しやすくなります。

うな重の写真
豊洲市場の目利きが厳選した鰻特集ページはこちら>>