ハムは保存性が高くお歳暮にもらって嬉しい食品ですが、一度に食べきれず悩んでいるかもしれません。そのようなときには、冷凍保存したいと考えるのではないでしょうか。

お歳暮でいただいたハムは冷凍保存できるのか、また冷凍できるなら美味しく冷凍する方法はあるのか、詳しく紹介します。すぐにハムを食べきれないときは、ハムの冷凍方法を試してみてください。

お歳暮のハムは「冷蔵保存」が基本

お歳暮や贈り物でいただいたハムは塊状のものがあるため、開封後すぐに食べきれないことがあります。そのような際には冷蔵や冷凍保存をしますが、保存方法によってそれぞれ美味しく食べられる期間が異なるので確認するのがおすすめです。

冷蔵の保存期間

ハムセット・ソーセージ・ベーコンギフトのほとんどは要冷蔵で、未開封でも常温保存ができません。真空パックになっているのは空気中の細菌に触れないため、また酸素に触れて酸化しないためで、保存性を保つためではないため注意してください。

未開封のハムの賞味期限は、商品によっても異なりますが、製造から2週間~3週間程度です。また、開封したハムは空気に触れて傷みやすくなるため、冷蔵室に入れた場合の賞味期限は2日~3日と短くなります。

冷凍の保存期間

開封したハムは冷凍すれば約1か月保存が可能です。ただし、冷凍すると解凍した際に肉の組織が壊れて水分と一緒にうま味が流れ出てしまい食感が悪くなるため、冷凍には向いていません。

冷凍したハムを解凍すると美味しくなくなるのは、ハムを美味しくする塩漬液や保存性を高める添加物を注入しているからです。ハムに液体を注入しているため、冷凍すると水分が凍ってしまい、解凍する際にうま味が流れ出て美味しくなくなります。

ハムセットを美味しく食べるなら、冷蔵保存で賞味期限以内に食べきることです。しかし、どうしても食べきれないなら、風味を損なわない工夫をして冷凍保存するのがよいでしょう。

ハムの冷凍保存のコツは「小分け」

ハムは冷蔵庫での保存が基本ですが、開封後すぐに食べきれないときは、風味が落ちないよう小分けにしてから冷凍保存しましょう。冷凍方法は、スライスハム・ブロックハム・生ハムで使い分けてみてください。

スライスハム・生ハム

スライスハムは、1枚ずつラップに包んで冷凍保存します。1枚ずつ空気を抜くようにラップで包み、さらにシッパー付き密封袋に入れ空気を抜いてください。

冷凍でハムの風味を損なわないように急速冷凍します。密閉袋をアルミホイルで包むか、金属バッドやアルミトレイに乗せて、冷蔵庫の急速冷凍で素早く冷やしましょう。

冷蔵庫に急速冷凍機能がない場合は、ハムの上に保冷剤を乗せる方法でも大丈夫です。

ブロックハム

ブロックハムは、食べやすい大きさにカットします。切り方は、薄切り・厚切り・角切りなどお好みで使い分けてください。

適度な大きさに切ったハムは、1つずつ空気を抜くようにラップでパックして、ジッパー付きの密閉袋に入れて空気を抜いてから冷凍します。スライスハムと同様に急速冷凍させると、解凍した際のハムの風味低下を予防できます。

岡山県産シャインマスカットの写真

贈り物にシャインマスカットはいかがですか?
岡山が誇る名産品シャインマスカット。
圧倒的な糖度を誇りながらも、すっきりした味、種無しで大きな粒を皮ごと食べられます。
お中元にもピッタリ。先様にも喜んでいただける特選夏ギフトです!

冷凍したハムの「保存期間は約1ヶ月」

冷凍保存したハムは、工夫次第で美味しく食べられます。美味しく食べるために、保存期間・冷凍方法などのポイントを確認しておきましょう。

保存期間

正しい方法で冷凍したハムは、約1か月美味しく食べられます。1か月以上でも傷んでしまう心配は少なくなっていますが、冷凍焼けで風味が落ちるため、1か月以内で食べきるとよいでしょう。

冷凍焼けとは、ハムに含まれる水分が蒸発してしまった状態のことです。水分が抜けてパサパサしており、水分と一緒にうま味も抜けているため美味しくありません。

ただし、冷凍保存期間が1か月以内であっても、冷凍庫の開け閉め回数が多いまたは長い場合は、冷凍庫内の温度が上がってしまい鮮度が落ちやすいため、早めに食べきってください。

冷凍のポイント

ハムを美味しく食べられるよう冷凍するポイントは、急速冷凍と空気を抜くことです。短時間で凍らせることで、解凍した際にうま味が流れ出にくくなります。

また、ハムが空気に触れると腐敗や乾燥しやすくなるため、ラップと密閉袋で空気に触れないようにしてください。空気を抜いて密封することで、冷凍室内にある他の食品のニオイ移り予防にもなります。

衛生管理のコツ

ハムに雑菌が付着したまま冷凍保存すると、腐敗しやすくなります。小分けする際に、手・まな板・包丁をしっかり洗って、ハムに雑菌が移らないようしましょう。

冷凍したハムを美味しく食べる「解凍方法」

冷凍したハムは、解凍方法も工夫することで美味しく食べられます。うま味を逃がさないおすすめ解凍方法とおすすめレシピを紹介しますので、参考にしてみてください。

解凍方法

うま味を逃がさないよう、冷凍ハムは時間をかけてゆっくり解凍させます。ハムを使う数時間前~半日前に、冷凍庫から冷蔵庫へ移して自然解凍させてください。

冷凍ハムのうま味が逃げやすいのは、急激に温度を上げることです。電子レンジやお湯を使った加熱方法は、急激な温度変化で細胞が壊れやすくなり、水分が多く出てうま味が逃げてしまいます。

冷凍庫から冷蔵庫へ移す方法なら温度変化が少なくて済むためおすすめです。ただし、ゆっくり解凍させても多少の水分は出るので、ペーパータオルで水分を抜き取ってから調理するとよいでしょう。

また、常温解凍は雑菌が繁殖しやすいためおすすめできません。冷蔵庫に移す方法と比べて温度変化も大きくなり、水分が出てうま味が逃げやすい理由もあります。

おすすめ調理方法

冷凍ハムは、凍ったまま調理することができます。そのまま調理できるよう、細切りや角切りなどで保存しておくと、調理の際にカットしなくて済み便利です。

凍ったままハムを調理するときは、スープ・炒め物などに使えます。ただし、凍ったハムを炒めると水分が出て油はねしやすいので、安全に調理したいなら煮込み料理がおすすめです。

そのまま調理可能な大きさでハムを冷凍して煮込み料理に使えば、調理にまな板や包丁は必要なく洗い物が少なくなるメリットもあります。時短調理としても冷凍ハムをうまく活用してみてください。

冷蔵庫で自然解凍したハムは、そのまま食べることができます。細かく刻み自然解凍したハムは、サラダのトッピングやパスタの具にもよいでしょう。

うな重の写真
豊洲市場の目利きが厳選した鰻特集ページはこちら>>