お歳暮の定番といえばハムギフトがあります。しかし、なぜお歳暮にハムを贈る人が多いのか疑問を感じるかもしれません。

どの贈り物を選ぶか迷うなら、なぜお歳暮にハムが贈られるようになったのか、その由来を確認しておきましょう。きちんと理由があってハムが選ばれており、その選ぶ理由に納得してから商品を選んでみてください。

お歳暮にハムを贈る理由や由来、おすすめのハムギフトを紹介します。ハムを贈ろうか迷っているなら、詳しい情報を確認してみましょう。

お歳暮にハムを贈るようになった「由来」

お歳暮にハムを贈る人が多い理由は複数あります。ハムは高級品として捉えられており、お世話になった方へ感謝の気持ちを伝える贈り物に適していると考えられているのです。

また、高級品というイメージだけでなく、ハムは保存性が高く切ればすぐに食べられることから、お歳暮の品物として定着していきました。

天皇陛下に献上されたハム

ハムが高級品として捉えられる理由のひとつが、天皇にハムが献上された経緯があるからです。明治時代に長崎で、実業家の松田雅典氏がハムを製造しており、明治天皇が長崎においでになった際にハムを献上しました。

天皇陛下に献上されたハムは、当時の価格を現在の価値にすると7万円~8万円もする高級品でした。そのため、「ハムは天皇陛下に献上されるほどの高級品」という認識が広まるようになります。

庶民の間でも高級品

オランダから日本の長崎にハムなどの加工肉が伝わったのは、幕末頃です。明治以降に日本でもハムが製造されるようになりましたが、昭和の戦後くらいまでハムは外国人と一部の裕福な日本人向け商品でした。

一般庶民の間でもハムが食べられるようになったのは、昭和30年以降です。それまでハムは高級品という認識が一般的で、実際に大正10年ではハム1本が米一俵と同じ価格だったという記録が残されています。

お歳暮は感謝の気持ちを伝える贈り物で、高級なイメージのある品物を贈りたいと考えるのは当然のことでしょう。相手が喜んでくれることを考えると、特別感のあるハムはお歳暮の品として向いているといえます。

現代でもハムを贈る「人気の理由」

現代でもお歳暮の品としてハムが選ばれる理由があります。ハムが定番の贈り物として人気があるのは、保存性や使い勝手がよい理由からです。

すぐ食べられる

ハムは切るだけですぐに食べられる食品です。調理の必要がないため、普段料理をしない方や、年末年始の忙しいときの料理にも向いており、幅広い方への贈り物に向いています。

年末年始に家族が集まる家庭にハムを贈ると、お酒のおつまみやオードブルとして活用しやすくなります。ハムはお正月料理にも使えるため、お歳暮の品として人気です。

保存性が高い

ハムは日持ちしやすく賞味期限が長いことから、お歳暮の品として選ばれています。年末年始に帰省や旅行などで長期間家を空ける方へお肉を贈るなら、日持ちしない生肉よりも賞味期限が長いハムのほうが贈りやすいでしょう。

商品によっても賞味期限は多少異なりますが、未開封なら1か月~2か月くらいはもちます。お歳暮に贈るハムは塊状のものが多く、スライスされたものより日持ちしやすい、また開封後も冷蔵保存で数日間は食べられるため、すぐ食べられない方への贈り物におすすめです。

好き嫌いが少ない

嗜好品を贈る場合は、相手の好みを考ええた品物を贈るのがマナーです。ハムなら子どもから大人まで幅広い人が食べられるため、贈っても食べられないことは少なく無駄になりにくいといえます。

贈られた方がどうしてもハムは苦手という場合でも、家族や来客向けに使うことも可能です。ただし、ハムの添加物を気にされる方もいるため、食の好みの傾向はさりげなく聞いておくとよいでしょう。

岡山県産シャインマスカットの写真

贈り物にシャインマスカットはいかがですか?
岡山が誇る名産品シャインマスカット。
圧倒的な糖度を誇りながらも、すっきりした味、種無しで大きな粒を皮ごと食べられます。
お中元にもピッタリ。先様にも喜んでいただける特選夏ギフトです!

種類豊富なハムギフトの「選び方」

ハムギフトは種類が豊富で、贈る相手に合わせて選ぶことができます。高級ハムセットや子どもに人気のソーセージセット、またビールのおつまみに合うグルメなど、贈る相手の好みや家族構成に合わせて選んでみてください。

一人暮らし向け

一人暮らしの方にハムギフトを贈るなら、量より質を重視してみましょう。料理の必要がなく切るだけで食べられるハムや、普段食べることの少ない高級ハムギフトがおすすめです。

また、一人暮らしだと一度にたくさん食べられない恐れがあるため、保存性の高いハムが向いています。スライスされたものよりブロック状で少しずつ切って食べられるハムのほうが日持ちしやすくなります。

子どもがいる家庭向け

子どもがいる家庭にハムを贈るなら、家族みんなで食べられるバリエーションの豊富なハムギフトがおすすめです。ハム・ソーセージ・ウィンナーなど複数の種類が入ったものは、世代を問わず食べられます。

また、子どもの健康を考えて無添加や無着色のハムを選ぶと喜んでもらえるはずです。お酒を飲む方向けにおつまみとして使えるハムや、お弁当や年末年始のオードブルとして使えるような種類豊富な商品がおすすめです。

特別な相手向け

会社の取引先や恩師など大切な方にハムを贈るなら、豪華なハムギフトがよいでしょう。相手がお酒を飲む方なら、生ハム・チーズ・ワインなどがセットになった商品もおすすめです。

赤ワインは肉との相性がよいため、ハムと和牛がセットになったギフトもよいかもしれません。お酒が好きな方へ贈る場合は、お酒との相性も考えてみてください。

お歳暮で贈るハムはスーパーで売られているものよりも豪華なものが多くなっており、少し贅沢な食事を楽しんでもらうことができます。

「自宅用」「年末年始の準備」にもオススメ

お歳暮用のハムギフトは、贈り物としてだけでなく自宅用にもおすすめの商品です。贈答品として選ぶ際に自宅用としても欲しくなり、自分で食べるため購入する方は少なくありません。

自宅用としてハムギフトを買うなら、年末年始用やお正月の食材として選んでみてはどうでしょうか。普段とは違うリッチな食事やお酒のおつまみとして楽しんでみてください。

また、お歳暮を贈るなら美味しいものを選びたいはずです。自分が食べたことがないものは本当に美味しいのかわからないため、ひとつは自宅用として購入しておき、美味しかったものを来年に贈る方法もおすすめです。

うな重の写真
豊洲市場の目利きが厳選した鰻特集ページはこちら>>