六曜を気にされる方なら、仏滅にお歳暮を贈ってもよいか悩むかもしれません。仏滅は縁起が悪い日とされるため、贈り物をしても問題ないのか心配になる場合があります。

仏滅のような風習は六曜と関係があります。六曜とは何なのか、また六曜で避ける事柄があるのか詳しく紹介しますので参考にしてください。

お歳暮は贈る相手によっても事情が変わってくるため、仏滅の意味や影響を正しく理解しておきましょう。具体的にどのような対応が適切なのかマナーを紹介します。

仏滅とは?六曜の意味や由来

仏滅にお歳暮を贈っても大丈夫か気になったら、まずは仏滅の意味を理解しましょう。なんとなく悪い日のイメージがある仏滅ですが、人によってはその日にお祝い事をするのを嫌う場合があります。

仏滅の由来

仏滅は、中国暦の陰陽五行説による「六曜(六輝)」のひとつです。六曜は吉凶を判断する暦注のことで、日本では明治以降に広まっていきました。

仏滅の意味

仏滅は、六曜のなかで最も凶の日とされています。「仏も滅するような大凶の日」という意味があります。

もとは「空亡」や「虚亡」と呼んでいました。次第に、あらゆるものが虚しいという意味から「物滅」となり、さらに「仏滅」と書かれるようになります。

仏滅は何事にも不吉な日とされ、お祝い事をするのはもちろん、新たな行動を起こすのもよくない日だとされています。釈迦が入滅した「佛滅日」と仏滅を勘違いすることがありますが、関係がありません。

日本で六曜がさかんに用いられるようになったのは戦後からで、仏滅は六曜のなかで最も凶の日のため、結婚式のようなお祝い事を避けてきました。今でも結婚式は仏滅を避ける人が少なくないのですが、科学的根拠がないとされ、こだわらない人も出てきています。

仏滅以外の日について

六曜には、縁起のよい日から順に、大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅の6つがあります。最も大吉の日とされるのが大安で、結婚式や事始めの良日とされており、先勝と友引は大安に次ぐ良日で、先負・赤口・仏滅は凶日とされています。

訴訟や契約など午前中に用を足すなら先勝、朝方や夜半は吉ですが昼間は凶とされるのが友引です。友引は「故人が友を引く」ことからこの日に通夜・葬儀を避ける傾向があります。

先負は「負」を含むことから訴訟や契約ごとに対して凶日ですが、午後から用を足すなら良日とされています。赤口は正午前後1時間のみが吉で、お祝い事を避ける日とされており、仏滅は何事にも不吉とされている日です。

紅まどんなの画像

『紅まどんな』愛媛県産 L〜3L
価格5,600円(税込)

テレビでも話題の愛媛県の蜜柑です。粒の1つ1つが際だっているのに、さらりととけるような食感は、まるで天然のゼリーのようです。化粧箱入りで贈答品にもピッタリです。

ふぐ鍋ギフトセット

お歳暮に心も体も温まる鍋セットはいかがでしょうか?
日本最大の魚市場「豊洲市場」からセリ人・仲卸とタッグを組んで企画した鍋をご案内!
厳選した食材を使ったふぐ鍋、水炊き、すき焼きなど、先様もきっとお喜びいただける鍋セットです!

お歳暮を贈るのに「仏滅は気にしなくてよい」

基本的には、お歳暮を贈る際に仏滅を気にしなくてよい明確な理由があります。しかし、地域や世代によっては仏滅を気にする人が少なからずいるため、状況に合わせて選んでみてはどうでしょうか。

お歳暮は日本の風習

お歳暮は日本古来の風習で、お世話になった方へ1年の感謝の気持ちを贈る日です。一方で仏滅の六曜は中国由来のため、お歳暮と仏滅は関係していません。

中国の六曜は、中国古来より伝わる暦占いの一種です。日を6つに分けてそれぞれ吉凶の運勢を判断するもので、仏教や神道とも関係がないため、お歳暮を贈る際に仏滅を気にする必要はありません。

相手を気遣うことが大切

お歳暮は感謝の気持ちを伝える贈り物のため、仏滅を気にするより相手を気遣うほうが大切です。大安にこだわると訪問する日が限られてしまいますし、宅配にしても配送日が決まってくるため、相手の都合を考えない結果となる恐れがあります。

相手に合わせて使い分ける

お歳暮と仏滅は関係がないとはいっても、日本では冠婚葬祭の日に六曜を気にされる方は少なくありません。贈り物をするお中元やお歳暮も六曜を気にすべきとする場合もあるため、相手がこだわる方なら尊重してみてはどうでしょうか。

仏滅を避けるべきかに明確な答えはなく、相手に合わせるのが一番です。一般的にお歳暮を贈る日に仏滅を気にする人は少なくなっていますが、相手が気にされることがわかっているなら仏滅を避けるとよいでしょう。

【新物】マルサ笹谷商店 『秋鮭いくら醤油漬け』 北海道産 500g 化粧箱入りの画像

【新物】マルサ笹谷商店 『秋鮭いくら醤油漬け』 北海道産 500g 化粧箱入り
価格9,000円(税込)

北海道東の前浜で捕れた鮭の新鮮な卵を使っています。水揚げされたばかりの秋鮭を自社便で工場まで運び入れ、良質ないくらだけを厳選して作りました。

六曜を気にするべき「行事」や「タイミング」

六曜を気にすることが多いのは、冠婚葬祭や事始めです。とくに結婚式のようなお祝いごとの場合は、仏滅を避ける風習が今でも残っています。

結婚式や結納

結婚式や結納のようなお祝いごとは、大安または友引が選ばれる傾向があります。先勝・先負でも吉の時間帯なら問題はなく、赤口や仏滅は避ける人が多い傾向から、式場で割引を実施する理由であえて選ぶ人がいます。

葬式

友引は葬儀場が閉まっているため、そもそも通夜や葬式ができません。それ以外の日であればいつでも問題ないとされています。

引っ越し

引っ越しは大安が最もよい日だとされています。ただし、大安は人気で料金が上がる傾向があるため、あえて避けやすい赤口や仏滅を選んで料金を安くする考え方もあります。

お墓参り

六曜は宗教とは無関係なので、仏教や神道の風習には影響しません。そのため、お墓参りをする際に六曜を気にする必要はなく、法要も同じ考え方です。

事始めや契約

事を起こす場合や契約では、全般的に大安が選ばれています。避けたいのは赤口や仏滅です。

お見舞い

お見舞いは、赤口や仏滅を避ける傾向にあります。友引は病気が長引く意味合いから避けたほうがよいでしょう。

『塩数の子』北海道小樽産 450g 化粧箱入りの画像

『塩数の子』北海道小樽産 450g 化粧箱入り ※冷蔵
価格5,400円(税込)

今や大変希少になった純国産の北海道・小樽産の「塩数の子」です。特に上物と呼ばれる小樽・前浜産を厳選しました。化粧箱入りでギフトにも最適です。

愛媛県産 真鯛旨味昆布締めの画像

愛媛県産 生食用『真鯛旨味昆布締め』 2節 計約350g 化粧箱入り
価格6,200円(税込)

愛媛県の宇和島で育った、魚体サイズ1.8キロ〜2キロの真鯛を活け締めし、国産昆布で締めました。化粧箱入りでギフトにもピッタリです。

相手が気にするか不安な場合は「仏滅を避けて持参」

お歳暮を贈る際には基本的に仏滅を気にしなくて大丈夫ですが、相手が気にされるのか不明なときは避けるのが無難です。とくに年配の方は縁起を気にされる場合があるため、マナーに注意してください。

仏滅を避けて訪問

相手が仏滅を気にされることがわかっているなら、訪問の際に仏滅を避けましょう。あらかじめ訪問日を相談しておくと、仏滅を気にしているか判断しやすくおすすめです。

仏滅を気にされる方のお宅へ仏滅に訪問すると、常識がない人だと思われるかもしれません。カレンダーで仏滅を確認しておき、その日を避けると安心です。

仏滅を避けて配送

相手が仏滅を気にされるなら、配送でもその日を避けてください。事前に挨拶状や電話で到着日を連絡しておけば、仏滅を避けて受け取ってもらうことができます。

ただし、事前に到着日を連絡しても再配達となり仏滅になる場合は、心配しなくて大丈夫です。相手の都合によるものなので、再配達日にまで気を遣う必要はありません。

天然まぐろ(中トロ)の刺身の画像

豊洲のプロが目利きした生のマグロを直送!

天然の生のマグロを豊洲市場から冷蔵便で直送! 食事会やパーティを飾るメインのご馳走として、贈り物としてもお勧めです!

兵庫県香住漁港の絶品漁師めし「5種セット」
価格4,800円(税込)

ズワイガニで有名な兵庫県・香住漁港で水揚げされる魚介類を贅沢に使用した絶品漁師めしのセットです。(かに、イカ、のどぐろ、ホタルイカ、サザエの炊き込みご飯入り)

国産おせち
豊洲市場だからできる厳選素材のおせちはいかがですか?