お中元を贈る時期、会社の上司や仲人さんには贈るけれど、両親や兄弟姉妹には贈った方がよいのだろうか、と悩むこともあるのではないでしょうか。

いざ贈る場合には、両親や兄弟姉妹に高額なものを贈るのは相手に気を遣わせてしまうかも、と考えてしまうこともあるでしょう。とは言っても、喜んでもらえるものを贈りたいものです。

両親や兄弟姉妹にはお中元を贈った方がよいのか、贈る際の相場や何を贈ればよいのかについて解説します。お中元ギフトの選び方やおすすめも紹介しますので、参考にしてみてください。

お中元は「両親」にも贈る?「兄弟」や「親戚」の範囲とは

両親へのお中元は必ず贈るもの、贈らないとマナー違反、などということはありません。
ですが、お中元は日頃の感謝の気持ちを伝えるものなので、贈り物として形にするのはおすすめです。

兄弟姉妹や親戚は、普段からお付き合いがあり、贈り物をすれば喜んでくれると思われる場合には贈るとよいでしょう。また日頃お世話になっているのであれば、お礼の気持ちを込めて贈った方がよい場合もあります。

義実家には結婚1年目は贈る

義実家には義両親もお中元を贈る習慣があれば贈った方がよいですが、わからない場合には、結婚して1年目はとりあえず贈ってみるのが無難です。贈ってみて、「次回からはお気遣いなく」などと言われれば、次からは贈らなくてもよいということです。

兄弟姉妹がいる場合は、実家にお中元を贈っているかどうか聞いてみてください。それに合わせれば安心です。

親戚は付き合いがあるかどうかで判断する

親戚が多くいる場合、付き合いの深さはそれぞれではないでしょうか。基本的には普段から付き合いがあるかどうかを目安に判断するとよいです。

お中元は継続して贈るのがマナーです。今後のお付き合いなどお互いの関係性を踏まえ、ずっと贈り続けることを考えて贈るかどうかを決めてください

お中元の相場は「3,000円~5,000円程度」が一般的

お中元の相場は3,000円~5,000円程度です。両親や兄弟姉妹、親戚へのお中元も、それくらいの金額を目安に贈り物を選ぶとよいでしょう。

お付き合いの深さなどの関係性、年齢などによって金額は上下すると思われますが、あまり高額になりすぎると、相手の負担になってしまうこともあります。お中元は一度だけでなく継続して贈るものです。

無理をすると自分の負担が大きくなってしまうこともあります。それを踏まえて、平均相場を参考に贈り物を選ぶことが必要です。

義実家へのお中元は夫婦で相談する

自分の両親へ贈るお中元の値段に関しては、自分の両親が実家にいくらくらいのものを贈っていたか思い出し、参考にするのも方法の一つです。義実家へのお中元に関しては、ほかの兄弟姉妹に確認してみたり、夫婦で相談したりして決めるとよいでしょう。

両親や義両親に、父の日や母の日・誕生日など普段から贈り物をしている場合は、お中元だけ高額にする必要はありません。親心としては、金額的にも負担をかけたくはないものなので、気を遣わせない程度の贈り物を選ぶことです。

親戚へのお中元は関係性を考慮して

親戚へのお中元は、いくらくらいのお中元が適しているのか両親に相談してみてください。頻繁に会う、めったに会わないけれど贈るのは習慣になっているなど、関係性を考慮して金額を決めるとよいです。

また、平均相場を参考に、相手の好みや家族構成を踏まえて決めることが必要です。無理をして高額な贈り物をするより、相手が喜ぶものを念頭に選ぶようにしましょう。

ご両親や義理のご両親への贈り物に粕漬はいかがでしょうか?
信州の老舗酒造「大雪渓酒造」の酒粕にじっくり漬け込んだプロの味です。噛むほどに酒粕と魚の旨味が押し寄せてきます。

両親・兄弟・親戚に贈る「お中元選びのポイント」

お中元の選び方の基本は、相手が喜ぶものを選ぶことです。相手の好みに合わせたものを選びましょう。

また、家族構成やライフスタイルを考慮して選ぶのもポイントの一つです。何人家族か、家族の年齢層はどれくらいか、などを踏まえて選びます。

一人暮らしや夫婦2人暮らしなら日持ちのするもの、量が多いものより質のよいものを選ぶとよいです。家族が多い場合は、量が多いもの、みんなが食べられる、使えるものがおすすめです。

両親のライフスタイルを踏まえて選ぶ

頻繁に連絡を取っているなら、両親のライフスタイルを思い出してみましょう。最近塩分を控えているなど食生活において注意点がある、などということがあれば、その点を踏まえて選ぶことも大切です。

母親がフランス料理の勉強を始めた、父親がキャンプに凝っているなど、趣味に合わせて選ぶのもよいです。また食品を贈る場合は、アレルギーや控えている食材や調味料などがあれば、それを避けるようにして選びます。

何がよいか聞いてみる

両親や親戚、兄弟姉妹なら、何がよいか聞いてみるのも一つの方法です。こちらが喜ぶだろうと思って選んだものでも、タイミングなどによっては相手の負担になってしまうことがあります。

とくにお中元の時期は他からも贈り物が届きます。同じものをたくさんもらっても困ってしまうものです。

そうなる前に、何を贈ればよいか聞いてみてはいかがでしょうか。その方が自分も「喜んでもらえたかな」と不安になることもありません。

両親・兄弟・親戚に贈る「おすすめの夏ギフト 」

お中元の人気ギフトとしては、ビールやお酒、ハム、水ようかんやゼリー、ジュースやコーヒーの詰め合わせなどが挙げられます。夏を感じさせるそうめんやアイス、旬のフルーツなどもおすすめです。

こだわりのあるギフトもおすすめ

コーヒーにこだわりがある方なら、希少で高級なドリップパックのセットや、厳選された豆をブレンドしたものなど、日本酒好きなら、普段飲まない地域の地酒や飲み比べのセットなどはいかがでしょうか。自分では普段買わない高級品や、まだ試したことのないものなどを選ぶのもおすすめです。

健康に注意しているなら、甘酒や黒酢、お豆腐ギフトや味噌の食べ比べギフトなどといった商品もあります。体に気を付けていつまでも元気で、というメッセージも伝わります。

奮発したい場合は海鮮や高級肉のセット

少し奮発したいといった場合は、和牛ギフトやうなぎ・海鮮などがおすすめです。お肉好きならすき焼き用の黒毛和牛や霜降りハンバーグ・焼肉セットなどが、海鮮がよいなら、ズワイガニのセットや明太子・高級お茶漬けセットなどもよいでしょう。

暑い夏におすすめのギフト

夏の暑さを乗り越えて欲しいという思いを込めて、うなぎの蒲焼やひつまぶしセットなどもうれしい贈り物です。人気パティスリーのジェラートやアイス、コーヒーゼリーやフルーツゼリーなども涼し気で夏らしいギフトです。

さっぱり食べられるわらび餅や葛餅、水まんじゅうなど冷やして食べられる涼菓もおすすめ。両親や兄弟姉妹、親戚などの好みに合わせて選ぶとよいでしょう。