家族への引越し祝いは、毎年の恒例行事でもなく人生に数回しかないイベントのため、お祝いをするべきか、どのようなお祝いをいつ渡すべきかなど迷うことがあるでしょう。

それぞれが独立して家庭を持つようになると、家族とはいえお互いが一人の社会人として接することが必要になるケースもあります。今後もお互いに気持ちのよい関係を続けていくために、家族間での贈り物のマナーや引越し祝いの注意点を確認しましょう。

家族へ贈る「引越し祝いの相場」

家族へ贈る引越し祝いは、家族間でも一律の金額や同じ品物を贈ることはあまり一般的ではありません。親から子、子から親、祖父母から孫など、家族の関係によって異なる相場について紹介します。

親・義理の両親への相場

自分の親・配偶者の親への引越し祝いの相場は、30,000円~100,000円です。新築祝いの場合は50,000円~100,000円になることが多いようです。

金額がやや大きく気を遣われてしまうことも多いことから、カタログギフトや金額のわからないギフト券を選ぶなど、金額を意識させない工夫をするのもよいでしょう。また兄弟姉妹がいれば連名でお金を出し合って、よりグレードの高いギフトを選ぶこともできます。

兄弟・姉妹への相場

自分、もしくは配偶者の兄弟・姉妹への引越し祝いの相場は、10,000円~30,000円です。普段からコミュニケーションをとっている間柄であれば直接必要なものを聞いたり、現金やギフト券を贈っても問題なく喜ばれるでしょう。

ギフトを選ぶ際に相手の好みなど迷うことがある場合は、好きなものを選んでもらえるカタログギフトもおすすめです。また予算のすべてを現金だけ、品物だけとせず、予算を分けて、現金と品物を併用するのもよいでしょう。

子どもへの相場

子どもへの引越し祝いの相場は、50,000円~100,000円です。ただし新築祝いでは、住宅の購入時にすでに親が一部援助していることもあります。その場合には、それがそのまま引っ越し祝い・新築祝いとなることも多いようです。

また自分の子どもとの関係、子どもの配偶者やその両親との関係に合わせた対応が必要にある場合もあり、当事者で話し合って決めるケースもあります。

孫への相場

孫への引越し祝いの相場は、10,000円~100,000円です。金額の幅が広くなってしまうのは、孫の進学や就職・結婚など、引っ越しのタイミングやその理由により引越し祝いの予算が変わることから。さらに祖父母から孫へ贈る贈り物は、孫への可愛さからつい多めに贈ってしまう、ということもあるようです。

ふぐ鍋ギフトセット

【3〜4人前】長崎県産 養殖トラフグ 薄造り・鍋セット  重箱入り 築地魚力
価格13,300円(税込)

とらふぐを堪能できる薄造り・鍋・皮刺しのフルコースのセットです。重箱入りでギフトにもピッタリです。

渡すタイミングは「引越し1か月~2か月後」が目安

引っ越し祝いを渡すタイミングは、引っ越すことを知った時期や引っ越しの理由などにより異なります。

引越し祝いを渡すタイミング

引越し祝いを渡す時期は、引っ越し後が一般的です。具体的には新しい生活に慣れた頃、入居してから1か月~2か月後がよいでしょう。

家族とはいえ、引っ越し当日や引越し直後ではまだ片づけが終わって終わらず、相手に迷惑になりかねないので、避けるのがマナーです。なお転勤や結婚などでの引っ越しの場合は、門出を祝うという意味も含め、引っ越しの荷造りを始める前に渡すようにしてください。

引っ越し先にお邪魔する機会がある場合

家族の引っ越し先が新築物件で、お披露目会などで新居に招待されている場合は、そのタイミングで渡して問題ありません。持参できないものを贈る際は、新居を訪ねる前日までに届くように手配してください。招待された日までに準備できなかった時には、スイーツやお酒などの手土産を持参して、後日お祝いの品物を贈る旨を伝えましょう。

引っ越し先を訪ねることがない場合

引っ越し先の新居を訪ねることがない場合は、一般的な引越し祝いと同様に、引っ越しの2週間後~2か月以内に贈りましょう。なお家族であっても、引っ越すことを知らされていない場合は、一旦贈ることは控えた方がよいでしょう。

引っ越ししたことを後から知った場合には、普段からの関わり合いの程度を踏まえ後から贈ってもよいですし、必ずしも贈らなくてはならないわけでもありません。

豊洲市場の『伊勢海老・本マグロ入り贅沢お刺身5種盛り』 2〜3人前の画像

豊洲市場の『伊勢海老・本マグロ入り贅沢お刺身5種盛り』 2〜3人前 
価格6,980円(税込)

伊勢海老まるごと1尾が入った贅沢なお造りです。普段は寿司屋などに卸される一級品の原料を、豊洲市場の職人が刺盛りにいたしました!

引越しの理由によって異なる「のしの表書き・選び方」

引越し祝いの「のし」は、引っ越し先が新築物件か中古物件かという建物自体の種類と、転勤なのか結婚なのかなど、その引っ越しの理由によっても異なります。

家族であれば、引っ越すことを伝えられた時に具体的な内容も一緒に聞くことが多いでしょう。お祝いを渡す際には、のしの種類や表書きにも注意してください。

新築祝いと引っ越し祝いの違い

一戸建てでもマンションでも、新築物件を購入した場合は「新築祝い」です。中古の住宅やマンションを購入した場合や、賃貸物件から賃貸物件への引っ越しは「引っ越し祝い」と言います。お祝いの種類を間違えると、贈った相手を戸惑わせることになってしまうため、相手の状況に合わせて配慮することが大切です。

のし紙の選び方

引越し祝いを贈る相手が家族でも、慶事のお祝いの贈り物にはのしを掛けましょう。新生活に向けて、改まったお祝いの気持ちを伝えることができます。

のし紙の種類は、一般的なお祝いの贈り物と同じように、何度繰り返してもよいお祝いに用いる「5本か7本の紅白蝶結び」の水引を選びましょう。右上に「のし飾り」がついていることも確認してください。

のし紙の表書きの書き方

のし紙の表書きは、引越し祝いの場合には「御引越御祝」「御新居御祝」、新築祝いの場合には「御新築御祝」を選びます。もし新築なのか中古物件かわからない場合には、「御祝」としましょう。水引の下には表書きより少し小さめに、贈り主の名字もしくはフルネームを書いてください。

引越し祝いを郵送する場合には、贈り物と一緒にお祝いのメッセージを添えるものよいでしょう。家族という間柄だからこそ、なかなか伝える機会はないものです。心のこもったメッセージで家族の門出をお祝いしてください。

『浜茹でせこ蟹』兵庫県香住産 5尾入(ボイル済み1尾約110g〜120g)の画像

『浜茹でせこ蟹』兵庫県香住産 5尾入(ボイル済み1尾約110g〜120g)
価格6,800円(税込)

松葉蟹のブランド産地、兵庫県・香住産限定。香住随一の蟹問屋『蔵平水産』謹製のせこ蟹をお届けいたします。

家族の引越し祝いにおすすめ!「喜ばれるギフト」

せっかく贈るのであれば、気に入って使ってもらえる品物ものを選びたいものです。家族ならではのギフトとあわせて、引越し祝いにおすすめのアイテムを紹介します。

家族だから贈れる現金・商品券

現金や商品券など金額のわかるギフトは、一般的にはタブーとされることが多いです。とくに目上の人に贈る場合には、「お金に困っていると思われているのかも」と、不快な気持ちにさせてしまう可能性があります。

ただし家族間では、現金や商品券を贈っても問題ないでしょう。お祝いと応援という意味合いで、何か好きなものを買ってね!と贈ることで、喜ばれることも多いはずです。

引越し祝いにおすすめのギフト

家族への引越し祝いは、家族だからこそわかる好物の品やグルメセット、お酒などがおすすめです。消えものと呼ばれる食品類は、値段や種類も豊富で選びやすく、贈られた相手も気を遣いすぎることのない商品のため人気があります。

反対にカタログギフトは、相手の好みがわからない時におすすめです。引っ越し先で使えるもの、欲しいものが自分で選べるため、男女問わず喜ばれるギフトです。

そのほか引っ越し先で使いやすいキッチン用品やキッチン家電、タオルや食器もよいでしょう。引っ越し前に使っていたものを処分したり、せっかくなら新しいもので新生活を送りたいという人が多く、自分では買わない少し高級な品物が喜ばれます。

引越し祝いには観葉植物も定番ですが、こちらは先に相手の好みや部屋の広さなどを聞いてから選ぶようにしてください。

引越し祝いに避けるべきもの

引越し祝いという特性上、「火」を連想させるようなものは避けましょう。また、絵画や時計など、高価であっても壁などに穴をあける必要があるようなものも避けるのがマナーです。

国産おせち
豊洲市場だからできる厳選素材のおせちはいかがですか?