お正月の挨拶に訪れた方からは、お年賀をいただくことがあるため、お返しをするべきかどうかで迷うのではないでしょうか。誰でももらいっぱなしだと気が引けるはずです。

お年賀のお返しで迷う方向けに、まずはお年賀の意味や由来を紹介します。お年賀の意味を知ることで、お返しが必要なのかどうかがわかってくるでしょう。

お返し以外の対応も紹介しますので、参考にしてください。

お年賀とは「新年のご挨拶」の際に持参する手土産やギフト

そもそもお年賀とは何なのでしょうか。基礎知識としてお年賀の由来や、どのように現代のお年賀の風習になったのか確認しておくとよいでしょう。

お年賀の由来

日本では古くから、新年の神様である「歳神様」を迎えて祀る風習がありました。お正月の挨拶回りで訪問する人が、「御歳魂(おとしだま)」を持参した習わしが変化していったのがお年賀です。

かつては、歳神様や仏壇へのお供え物を持ち寄っていたのですが、それが変化してお正月に訪問する際の手土産となりました。「御歳魂(おとしだま)」という名前は、お正月のお祝いに子どもに贈るお年玉でも使われており、その家族にはお年賀を贈る風習へと変化したようです。

現代のお年賀の意味

現代のお年賀は、お世話になった方へ新年の挨拶と一緒に渡すギフトのことです。お正月の年始回りの手土産としてお年賀を持参します。

お年賀は、今年もよろしくお願いしますという願いが込められた贈り物です。一般的には、お世話になっている目上の方にお年賀が贈られます。

お正月の三が日に訪問してお年賀を手渡しするのが理想ですが、松の内まででも構いません。松の内は、関東では1月7日まで、関西では1月15日までです。

お年賀は年始の挨拶で直接手渡しするのがマナーで、基本的にはお中元やお歳暮のように配送しません。遠方に住んでおり訪問できないときは、お店から直送せずに自宅から配送して持参の意味に近づけるようにします。

『大和百目の枯露柿(ころがき)』 山梨県産干し柿 6玉の画像

手塚貴光作『大和百目の枯露柿(ころがき)』 山梨県産干し柿 6玉
価格3,500円(税込)

生柿を1/4の重量まで乾燥させることで、余計な水分をとばし、糖の密度を4倍にまで高めた干し柿です。年末年始のご挨拶品としてもおすすめです。

お年賀のお返しは不要だが「おもてなしの気持ち」が大事

お年賀のお返しは不要ですが、何もお返しをしないのは気が引けることがあるでしょう。そのような際には、直接お返しをするのではなく、次に紹介する形でのお返しがおすすめです。

また、お年賀を受け取ったらお礼を述べるだけでも相手に対して失礼ではありません。お礼状を出す必要もありません。

お茶や料理でおもてなしをする

相手が訪問してくれた際には、お茶やお菓子を用意しておもてなしをするといいでしょう。正式にはおせち料理などでもてなすのがマナーですが、親しい間柄でなければ玄関先で失礼するつもりの訪問の場合があります。

相手に気を遣わせないおもてなしを心掛けて、相手が辞退したときは無理強いしないようにします。

子どもにお年玉を渡す

相手が子ども連れの場合は、お年賀のお返しとして子どもにお年玉を渡す方法があります。もちろん必須ではありませんが、お年玉という形なら気軽に受け取ってくれるはずです。

お年玉は現金のみを裸で渡すのはマナー違反のため、ポチ袋を事前に用意しておきます。もともとお年玉は目上から目下へ贈るもののため、上司や深い付き合いがない人の子どもの場合は、現金ではなく図書券や文具券で贈るとよいです。

手土産を用意する

わざわざ訪問していただいたお礼として、手土産を用意する方法があります。手土産の表書きは、「松の葉」や「御礼」です。

須崎屋 極上五三焼きかすてらの画像

須崎屋 極上五三焼きかすてら 桐箱入り
価格3,240円(税込)

知る人ぞ知るカステラの老舗、須崎屋の五代目店主にあたる伊藤代二さんが、自身のカステラ職人人生の最高傑作を作りたいと完成させたのが、この「極上五三焼きかすてら」です。

お年賀は手渡しが基本!「挨拶回りのマナー」も確認

お年賀は贈られるだけでなく、自分が贈る側になることがあります。相手に失礼な対応とならないよう、お年賀の基本的なマナーを確認しておくとよいでしょう。

お年賀を贈る時期

お年賀を贈る時期は、元日を避けた三が日です。1月2日または1月3日に訪問して、新年の挨拶をするようにします。

三が日ではお互いの都合がつかないときは、松の内までにお年賀を贈ります。松の内は関東では1月7日まで、関西は1月15日までですが、10日までとする地域もあるため、事前に確認してください。

突然の訪問は相手に対して失礼なため、年の暮れのうちに連絡して訪問日を相談しましょう。訪問時間は午前中を避けて、午後1時~2時の間がおすすめです。

松の内ではお互いの都合がつかないときは、松の内以降の訪問でも構いませんが、表書きを「寒中御見舞」に変えることを忘れないでください。なお、ビジネスでのお年賀は、1月7日まで休暇中の会社があるため、1月15日までに済ませるのが一般的です。

お年賀ののし紙

のし紙とは、贈り物を包む奉書紙に、水引とのしを印刷した掛け紙のことです。お年賀の品物に掛けるのし紙は、お祝いに用いる「紅白蝶結び」です。

水引は赤と金色の5本または7本の蝶結びで、のしがついたのし紙を選びます。このようなデザインは通称「花結び祝い」と呼ばれお祝い用に用いており、お年賀に向いています。

また、お年賀には略式の短冊を用いる方法でも大丈夫です。のし紙の水引中央上には、表書きとして「御年賀」と書き、水引中央下には表書きより小さめにして贈り主の名前をフルネームで書きます。

お年賀の渡し方

お年賀は新年の挨拶の際に手土産として持参するもので、直接手渡しが基本です。遠方で訪問できないときは、お店から先方に配送する方法でも構いません。

しかし、お年賀は持参するのが基本のマナーのため、その意味に近づけるよう一度持ち帰り発送し直すといいでしょう。自宅から発送すると、直接渡す本来の意味に近づけることができます。

相手へ感謝の気持ちを伝えたいときは、ひと手間ですが自宅から発送し直すと気持ちが伝わりやすくなります。

青森県尻屋産 キタムラサキウニ 塩うに(粒うに)2瓶 (1瓶あたり約60g)※冷凍の画像

青森県尻屋産 キタムラサキウニ 塩うに(粒うに)2瓶 
価格3,600円(税込)

新鮮なキタムラサキウニを余計な添加物は使用せず塩のみで仕上げた逸品です。お酒を召し上がる方への贈答品にぴったりです。

『大和百目の枯露柿(ころがき)』 山梨県産干し柿 6玉の画像

手塚貴光作『大和百目の枯露柿(ころがき)』 山梨県産干し柿 6玉
価格3,500円(税込)

生柿を1/4の重量まで乾燥させることで、余計な水分をとばし、糖の密度を4倍にまで高めた干し柿です。年末年始のご挨拶品としてもおすすめです。

お年賀にオススメ!「人気の品物・定番の品物」

お年賀の品物に決まりはありませんが、相手に気を遣わせず気軽に受け取ってもらえる品物がおすすめです。贈る品物で迷ったら、相手に合わせて次に紹介する人気の品物を選んでみてください。

高価な品物はかえって相手に気を遣わせる恐れがあるため、2,000円~3,000円の範囲で実用性の高いものがおすすめです。高くても5,000円を限度に考えるとよいでしょう。

飲食できるもの

相手が好きな食べ物をわかっているなら、和菓子・洋菓子・ジュース・お酒セットなどを選ぶとよいです。事前に相手の家族構成や好みをリサーチしておくと、喜んでもらえる贈り物になります。

たとえば、家族が多い方へは種類が多く皆で食べられるもの、子どもがいる家庭はお菓子やジュース、夫婦2人なら食べきれる少量のものなどです。仕事で贈る場合は、コーヒー・お茶・せんべい・最中などが定番でよく選ばれています。

食べ物を贈るときは、すぐに食べられるとは限らないため個包装のものや、日持ちのするものがベターです。訪問先でごちそうになる場合はケーキなどのスイーツを持参しても構いませんが、渡す際に一言添えるようにします。

タオルなどの日用品

タオル・洗剤・石鹸などの消耗品は、たくさんもらっても困りません。日用品は、親戚や近所の方に贈る場合によく選ばれるもので、周りと差をつけたいときはブランド物を選ぶとよいでしょう。

干支にちなんだもの

その年の干支や、鶴や亀といった縁起物にちなんだ和菓子や置物の贈り物は、縁起がよく喜ばれるお年賀です。石鹸などの消耗品でも、干支にちなんだものが売られています。

愛媛県産 真鯛旨味昆布締めの画像

愛媛県産 生食用『真鯛旨味昆布締め』 2節 計約350g 化粧箱入り
価格6,200円(税込)

愛媛県の宇和島で育った、魚体サイズ1.8キロ〜2キロの真鯛を活け締めし、国産昆布で締めました。化粧箱入りでギフトにもピッタリです。

国産おせち
豊洲市場だからできる厳選素材のおせちはいかがですか?