お年賀、寒中見舞い、お歳暮はどれも冬の季節の贈り物や挨拶状です。しかし、それぞれの持つ意味や役割には異なる点があり、贈る際にはそれぞれのマナーを守らなければなりません。

お年賀は年末に贈ってもよいのか、お歳暮が年末に間に合わなかったら年明けにお歳暮として贈ってもよいのか、さらに寒中見舞いはどのようなケースで使うのか。疑問はいろいろわいてくるでしょう。

お年賀、お歳暮、寒中見舞いの意味と違いを理解できるよう、贈る際の使い分けについて解説します。

お年賀とは「新年のご挨拶に持参する手土産」

お年賀とは、年が明けてから新年のご挨拶をする際に持参する手土産のことです。昨年中にお世話になった感謝の気持ちと、「今年もよろしくお願いします」という気持ちを込めて渡します。

お年賀を渡す時期

お年賀は1月1日~3日の三が日に渡すのがマナーとされています。お正月はお互い忙しいこともあるので、3日までに渡せない場合は、松の内と呼ばれる7日まで(地域によっては15日まで)に渡しましょう。

お年賀は手渡しがマナー

年始はあわただしいことも多く、配送を依頼したくなることもあるものです。しかし、お年賀は手渡しが好ましいとされています。

歳神様を迎え、祀っていたことがお年賀の始まりといわれています。その際お供え物を持参するのがならわしでした。

お供え物が手土産となり、現在のお年賀やお年玉となったわけです。お年賀は手土産として持参するものであり、新年の始まりのご挨拶とともに直接手渡しをするのが礼儀です。

しかし、手渡しが無理な場合もあるでしょう。その場合はお店から直接発送せず、自宅に持ち帰り、自宅から送ることをおすすめします。

お年賀の相場

お年賀の相場は1,000円~5,000円程度です。友人や知人は1,000円~3,000円程度、両親や親戚、会社の上司などには3,000円~5,000円程度の贈り物が一般的です。

南信州 戸田屋 『柿寿楽』 1箱 8個入りの画像

南信州 戸田屋 『柿寿楽』 1箱 8個入り
価格4,000円(税込)

南信州の特産品『市田柿』に自家製の栗きんとんを詰めたお茶うけにぴったりのお菓子です。贈り物としても喜ばれます。

寒中見舞いは「寒さが厳しい時期に相手を気遣う挨拶状や贈り物」

寒中見舞いとは、1年で一番厳しい寒い時期に相手を気遣う挨拶状のこと、または贈り物のことです。ただし、寒い時期だからといっても12月に贈るものではありません。

寒中見舞いを贈る時期

寒中見舞いを贈る時期は、松の内(1月7日もしくは15日)の翌日から立春である2月4日頃までです。それを過ぎてからは余寒見舞いとなるので注意しましょう。

寒中見舞いを贈るケース

寒中見舞いは年賀状を出せなかった相手に、ご挨拶として出すケースがあります。また、年賀状の返信が遅れてしまった場合や、自分が喪中であることを知らずに年賀状を送ってくださったお相手に寒中見舞いを出すケースもあります。

相手が喪中でお年賀を渡せなかった場合には、寒中見舞いとして贈ってください。お年賀は「お祝い」や「慶ぶ」という意味もあるので、喪中の場合お年賀は控えるのがマナーです。

その際には、お年賀を渡せない代わりに松の内より後に、寒中見舞いを贈りましょう。なお、お中元やお歳暮は喪中期間でも贈ることができます。

寒中見舞いの相場

寒中見舞いに品物を贈る場合の相場は、3,000円~5,000円が一般的です。相手との関係性によって金額は考慮するとよいでしょう。

贈り物の定番としては、フルーツギフトやタオル、缶詰のセットやスイーツなどがあります。喪中でお年賀を贈れなかった場合には、お線香やお菓子などがふさわしいです。

寒中見舞いは季節のご挨拶としての意味が強いものなので、ギフトを贈る際には、相手への気遣いと自分の近況などを伝えることも大切です。

戸田屋『市田柿フロマージュ』 
価格2,700円(税込)

南信州の特産品『市田柿』に長野県産の生乳を使用したクリームチーズを挟んだスイーツです。コーヒーやお茶のお供だけでなくワインなどのお酒にもよく合います。

お歳暮は「1年の感謝の気持ち込めた年末の贈り物」

お歳暮は、1年分の感謝の気持ちを伝える年末の贈り物です。「1年間大変お世話になりました」という気持ちと、「来年もよろしくお願いします」という気持ちを込めて贈り物をします。

お歳暮を贈る時期

お歳暮は本来12月13日~12月20日頃までに贈るものです。しかし近年では、11月下旬から贈るケースも増えています。

関東など地域によっては12月初旬に届くように贈るケースも少なくありません。関東でも関西でも、12月31日までに届くように贈れば問題ないとされています。

ただし、年末は出かけてしまうことも多いものです。相手の迷惑や負担にならないタイミングで届くように心がけてください。

お歳暮の相場

お歳暮の相場は3,000円~5,000円程度です。とくにお世話になった相手には5,000円~10,000円程度の贈り物が適している場合もあります。

目安として、取引先など非常によくお世話になっていて、今後も関係性を大切にしていきたいケースなどは、高めの贈り物をすることが多いようです。お付き合いの深さや関係性によって金額は考えるとよいでしょう。

ただし、相手によっては高額すぎるものを贈ると気を遣わせてしまうこともあります。またお歳暮は毎年贈るのがマナーなので、毎年無理なく贈れる範囲の品物を選ぶことも必要です。

故人宛に贈られてきてもありがたく受け取る

喪中であることを知らずにお歳暮が届くこともあります。その場合もありがたく受け取ってください。

受け取らないなど拒否をするのは相手に対して失礼にあたります。受け取ったらすぐにお礼状とお返しを贈るとよいです。

また、お世話になった相手だからと、お歳暮を故人宛に贈リ続けるのはマナー違反です。贈る場合は家族の名前を書いて贈ります。

青森県尻屋産 キタムラサキウニ 塩うに(粒うに)2瓶 (1瓶あたり約60g)※冷凍の画像

青森県尻屋産 キタムラサキウニ 塩うに(粒うに)2瓶 
価格3,600円(税込)

新鮮なキタムラサキウニを余計な添加物は使用せず塩のみで仕上げた逸品です。お酒を召し上がる方への贈答品にぴったりです。

ふぐ鍋ギフトセット

お歳暮に心も体も温まる鍋セットはいかがでしょうか?
日本最大の魚市場「豊洲市場」からセリ人・仲卸とタッグを組んで企画した鍋をご案内!
厳選した食材を使ったふぐ鍋、水炊き、すき焼きなど、先様もきっとお喜びいただける鍋セットです!

のし紙は「紅白蝶結び」を選ぶのが基本マナー

お歳暮やお年賀、寒中見舞いを贈る場合は、「のし」を用いて贈ります。のし紙や水引には種類があるので、注意点をおさえ失礼のないものを選びましょう。

水引は「紅白蝶結び」を用いる

お歳暮やお年賀、寒中見舞いの際、水引は「紅白蝶結び」を用いるのが基本マナーです。蝶結びは何回でも簡単に結び直せるので、何度繰り返してもうれしい祝い事やお礼に用います。

そのため、お見舞いや結婚祝いに蝶結びは使いません。お見舞いや結婚式は何度も繰り返したくない出来事だからです。

喪中期間には注意

喪中期間にお年賀は控えますが、お歳暮は贈ってもマナー違反ではありません。その際は、紅白の水引は避け、水引の付いていない無地ののし紙を用います。

表書きに「御歳暮」と書き、その下に贈り主の名前を入れます。お年賀を渡せない場合は、寒中見舞いとして贈ります。

美濃吉本店 竹茂楼 「うなぎ姿ずし」の画像

美濃吉本店 竹茂楼 「うなぎ姿ずし」
価格4,600円(税込)

京都を代表する料亭「美濃吉本店 竹茂楼」のお土産として絶大な人気を誇るうなぎの押し寿司です。贈り物としても喜ばれる逸品です。

すべて贈るべき?「贈るシーン」の使い分け

お歳暮やお年賀は両方贈った方がよいのかどうか、迷ってしまうこともあるかも知れません。お歳暮やお年賀はそれぞれ意味が異なるので、両方贈ってもよいものです。

しかし、贈られる方は何度も受け取るのが申し訳ない、と思う可能性もあります。両方贈るのは経済的にも負担になるということも。

お歳暮を贈った相手に年明け会う場合、「お年賀」などとかしこまった形ではなく手土産を持参するなど、関係性や状況を踏まえて検討するとよいでしょう。

寒中見舞いの用途はいろいろある

お年賀を渡せたのであれば、寒中見舞いを贈る必要はありません。お年賀を渡すタイミングを逃した、喪中だった、などお年賀を渡せなかった場合に寒中見舞いとして贈ります。

喪中で年賀状を送れなかった場合や年賀状の返事が遅くなってしまった場合に、寒中見舞いとして挨拶状を贈るとよいでしょう。また、喪中であることを知らずに年賀状をいただいた相手には、寒中見舞いとして報告をするといった用い方もあります。

須崎屋 極上五三焼きかすてらの画像

須崎屋 極上五三焼きかすてら 桐箱入り
価格3,240円(税込)

知る人ぞ知るカステラの老舗、須崎屋の五代目店主にあたる伊藤代二さんが、自身のカステラ職人人生の最高傑作を作りたいと完成させたのが、この「極上五三焼きかすてら」です。

国産おせち
豊洲市場だからできる厳選素材のおせちはいかがですか?