お歳暮は品物だけだと「挨拶」なしで贈ることになり、相手に対して失礼にあたります。そこで必要なのが、送り状や添え状といった手紙です。

お歳暮の送り状や添え状には何をどう書けばよいのでしょうか。そもそも、送り状と添え状とは何か、2つの違いはどういった点でしょうか。

とくに、目上の方やビジネスシーンにおける送り状や添え状は、構成や書き方などに配慮する必要があります。例文などを参考に、マナー知らずと思われない手紙を書きましょう。

お歳暮の品物に添えるのが「添え状」、別で郵送するのが「送り状」

お歳暮を贈る際、品物だけではなく、添え状や送り状を用意するのがマナーです。添え状はお歳暮の品物と同封する挨拶状、送り状は贈り物とは別で出す手紙です。

お歳暮に同封する添え状の役割

お歳暮は相手の自宅や取引先に品物を持参し、お世話になっていることの感謝の気持ちを伝えると同時に、来年もよろしくお願いします、というご挨拶をするのが正しいマナーとされています。しかし、近年ではさまざまな理由から配送をするのが一般的です。

その際、添え状がなく品物だけが届くのは挨拶がないのと同じこと。相手に対して失礼にあたります。

日頃の感謝の気持ちを贈り物に託すのがお歳暮ですが、感謝の気持ちをきちんと文章で伝えることが大切です。そのため、お歳暮には必ず添え状を付けるようにしましょう。

お歳暮より先に出す送り状

送り状も添え状と同様、挨拶の代わりになるものです。添え状とは異なり、送り状は品物よりも先に届くように出す必要があります。

年末は家族で出かけてしまうことも多いものです。家を空けてしまうとお歳暮を受け取ることができません。

送り状を出すことで、受け取れるよう対処することができます。また急に品物が届くのは失礼にあたることもあり、相手に不快な思いをさせないためにも送り状を出しておくのが礼儀とされています。

賞味期限などを気にしないものであれば添え状でも問題ありませんが、相手への気遣いとしては送り状の方がおすすめです。送り状を出すことで、より丁寧な印象を与えられるでしょう。

送り状・添え状を送る際の「マナー」

送り状や添え状は手紙形式で出すのがマナーです。とくにビジネス関係の相手には封書で送るのが基本です。

目上の方に送る場合も縦書きの手紙形式がおすすめ。友人や同僚など親しい間柄であれば、ハガキでもマナー違反にはなりません。

手紙は無地、ワンポイントのイラスト付き、和紙など、送る相手との関係性によって選ぶとよいです。季節感のある便せんやハガキなどもおすすめです。

送り状や添え状は手書き

送り状や添え状は手書きがおすすめです。パソコンなどで書くのに慣れている人も多いと思いますが、手書きの方があたたかみがあります。

機械的な文字が並んでいるよりも、手書きの方がより感謝の気持ちが伝わりやすいでしょう。手間をかけて手紙を書いてくれた、という気遣いも伝わります。

品物に添え状を同封する場合、封はしない

品物に添え状を同封する場合は、メッセージカードや一筆箋で送りましょう。なぜなら、品物と一緒に手紙を送るのは郵便法において違法となってしまうからです。

封をした手紙、請求書や領収書、契約書などは信書に該当します。信書は品物に同封できません。ただし、お歳暮に添える手紙は封をしなければ大丈夫です。

送り状・添え状の「書き方」と「構成」

送り状・添え状は、頭語、時候の挨拶、感謝の気持ちとお歳暮の品物に関する情報、相手の健康を祈る言葉、結語、日付・署名、が一般的な構成です。ビジネス関係や目上の方などに贈る場合は、構成に配慮して書くと失礼にあたらないでしょう。

頭語と結語とは?

頭語は「こんにちは」にあたる言葉で、拝啓、謹啓、謹白、前略などがあります。結語は「さようなら」にあたる言葉で、敬具や敬白、謹言、草々などです。

拝啓には敬具、前略には草々など、頭語と結語は組み合わせが決まっています。また、前略・草々などは親しい関係性に使用した方がよく、よりあらたまった場合には謹啓・謹白など、適したものがあるので注意してください。

書き方は相手との関係性によってアレンジ

一般的な構成や書き方はあるものの、親しい関係の相手に型どおりの送り状や添え状を書いてもよそよそしくなってしまう場合があります。その場合は構成にこだわる必要はなく、日頃の感謝の気持ちをきちんと伝えることを優先してかまいません。

もちろん、相手の名前を間違えない、誤字脱字をしないようにすることも大切です。相手が快く読める手紙を書くのが、送り状や添え状の大切なポイントです。

【文例】お歳暮の「送り状」

目上の方やビジネスシーンでは、失礼のない送り状を書くことが大切です。目上の方やビジネスシーンで使える例文を紹介します。

目上の方への送り状の文例(個人宛)

拝啓
年の瀬も押しせまり、余日少なくなりましたが、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
〇〇様には今年も大変お世話になり、誠にありがとうございました。
無事、年の瀬を迎えることができましたのは、〇〇様のご支援のおかげと大変感謝しております。
つきましては、別便にて〇〇店から○○日到着予定で、心ばかりの品をお贈りいたしましたので、ご笑納いただけますようお願いいたします。
寒さも厳しくなってきました。お体を大切に、元気でよいお年をお迎えください。
敬具
令和〇年〇月〇日 ○○○○

ビジネスシーンにおける送り状の文例

〇〇株式会社 御中
謹啓
師走の候、貴社においてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。
つきましては、日頃の感謝の気持ちを込め、心ばかりではありますがお歳暮の品を別送いたしましたので、ご笑納いただければ幸いです。
今後ともお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。
略儀ながら、書面をもちまして歳末のご挨拶とさせていただきます。

敬白
令和〇年〇月〇日 株式会社○○〇〇

【文例】お歳暮の「添え状」の文例

目上の方などに贈る場合とビジネスシーンにおける添え状の例文を紹介します。添え状は封をしない、もしくはカードなどに書くようにしましょう。

目上の方への添え状の文例(個人宛)

拝啓
今年も残すところわずかとなりました。
ご家族の皆様にはお変わりございませんでしょうか。
おかげさまで、こちらも無事年の瀬を迎えることができました。
つきましては、日頃の感謝の気持ちを込めて、心ばかりの品を贈らせていただきます。
お気に召していただければ幸いです。
年末に向かいご多忙のことと思いますが、ご自愛のうえよいお年をお迎えになりますよう心よりお祈り申し上げます。
敬具
令和〇年〇月〇日 ○○○○

ビジネスシーンにおける添え状の文例

○○株式会社 ○○様
謹啓
師走の候 貴社におかれましてはますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
平素は各段のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。
本日は、貴社から多大なるご厚誼ご鞭撻賜りましたお礼と歳末のご挨拶を兼ねて、心ばかりの品を贈らせていただきました。ご笑納いただければ幸いに存じます。
今後とも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。
謹白
令和〇年〇月〇日 ○○株式会社 ○○○○

うな重の写真
豊洲市場の目利きが厳選した鰻特集ページはこちら>>