取引先にお歳暮を贈るときは、その費用を経費計上できるか気になるものです。ビジネス上必要な費用なので含められるような感じがしますが、税金に関連することのため、正確な情報を得るようにしてください。

お歳暮は経費計上可能なのか、また経費にできるときの勘定科目は何なのか詳しく紹介します。正しく経費計上して、万が一税務調査が入ったときでも説明できる会計処理をしておいてください。

自分で会社の帳簿をつけている個人事業主、また税理士に依頼している法人も、お歳暮の取り扱いについて知っておくと安心です。それぞれの扱い方についても合わせて紹介していきます。

お歳暮やお中元は「経費 」として計上できる

お歳暮にかかった費用は、経費に含めるものと含めないものがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

経費として計上できる

事業で必要な取引相手へお歳暮を贈るときは、その費用を経費として計上できます。お歳暮は一年お世話になった方へ感謝の気持ちを伝える贈り物で、贈り物をすることで良好な関係を築くことが可能となり、ビジネスによい効果をもたらすものだからです。

そういった理由から、日本ではビジネス面で取引先にお歳暮を贈る習慣があり、経費として認められています。

経費として計上できない

会社からのお歳暮であっても、個人的な付き合いのある方へのお歳暮は経費に計上できません。たとえば、プライベートで付き合いのある友人や知人などに贈るお歳暮の場合です。

事業での付き合いなのか不明な場合は、税理士への相談がおすすめです。曖昧なまま経費に計上してしまい、税務調査が入った際に不審な点がみつかると、追徴課税を課せられる恐れがあるので注意してください。

お歳暮の勘定科目は「接待交際費」として仕訳をする

お歳暮を経費に計上するときは、帳簿の取り扱いに迷うかも知れません。そのような方に向けてどの勘定科目に仕訳するのか、また帳簿の書き方を紹介します。

勘定科目は接待交際費

接待交際費は、取引先や得意先と良好な関係を築くためにかかった費用のことです。お歳暮も同様の意味があるため、帳簿の勘定科目は接待交際費に仕訳けするといいでしょう。

また接待交際費の定義は、接待・慰安・贈答・供応に対することです。事業の営業において、これらの行為は売上を出すために必要だと認められています。

たとえば、取引先と食事をする費用、取引先へお祝い品を贈る場合などです。贈答の種類は幅広くなっており、取引先の結婚祝い・新築祝い・快気祝い・香典・開業祝なども含まれています。

計上できる割合

個人事業主の場合は、お歳暮にかかった費用を全額経費に計上できます。資本金が1億円以下の法人も全額経費に計上可能ですが、資本金1億円以上の法人は接待交際費に上限があるため注意してください。

仕訳の書き方

仕訳帳へは、「借方」と「貸方」に分けて金額を書きます。2つの項目は対となっており、会社の何が増えて何が減ったのかがわかるようになっていて、それぞれの金額は同額です。

お歳暮の場合は、「借方」が接待交際費の項目になり、「貸方」は現金です。このような仕訳け方にすると、帳簿上では接待交際費が増えて現金が減ることになります。

たとえば、お歳暮にかかった費用が50,000円なら、借方「接待交際費」50,000円・貸方「現金」50,000円というように書いてください。

岡山県産シャインマスカットの写真

贈り物にシャインマスカットはいかがですか?
岡山が誇る名産品シャインマスカット。
圧倒的な糖度を誇りながらも、すっきりした味、種無しで大きな粒を皮ごと食べられます。
お中元にもピッタリ。先様にも喜んでいただける特選夏ギフトです!

不特定多数に贈るノベルティは「宣伝広告費」として仕訳をする

お歳暮の仕訳は通常、接待交際費として扱いますが、同じお歳暮でも目的が異なれば仕訳が変わってくるため注意してください。広告宣伝費として仕訳をするケースについて確認しておきましょう。

年末のカレンダーや手帳

年末の挨拶として贈るカレンダーや手帳は、勘定科目を広告宣伝費とします。広告宣伝費とは、会社を知ってもらうための宣伝行為にかかった費用のことです。

カレンダーや手帳は不特定多数に配ることが多いため、宣伝行為となります。会社の名前を覚えてもらう目的があるもので、広告宣伝費に含めてください。

接待交際費との違い

接待交際費は特定の取引先への贈り物なのに対し、広告宣伝費は不特定多数の違いがあります。年末年始の挨拶としてカレンダーや手帳を手渡しする場合の多くは、特定の相手向けとしてではなく、不特定多数向けに作成するはずです。

お歳暮の「送料」や「交通費」も経費計上できる

接待交際費はそのものにかかった費用だけでなく、移動や発送にかかった費用も経費に計上できます。取引先との接待にかかる関連費用は「贈答その他これらに類する行為のために支出するもの」に含まれるため、経費計上可能です。

送料

お歳暮を配送するためにかかった送料も経費計上できます。

交通費

お歳暮を手渡しするため直接訪問する際にかかった交通費も経費計上できます。

勘定科目

お歳暮を贈る際にかかった送料・交際費の勘定科目は、お歳暮費用と同様に接待交際費に含めて構いません。会計上の処理を「送料」や「交通費」として計上することも可能です。

また、お歳暮を広告宣伝費として扱う場合は、送料や交通費は広告宣伝費に含めてもよく、「通信費」や「旅費交通費」として計上することもできます。

お歳暮を「贈ってはいけない相手」に注意しよう

取引先にお歳暮を贈る前に、相手に贈っても問題ないか確認しておきましょう。贈ってはいけない相手だと、相手に迷惑をかけてしまうことや、受け取れず気を遣わせてしまうことがあるかも知れません。

公務員

公務員は法律で贈答品を受け取ることが禁止されています。たとえば、政治家・公立の先生・地方公務員・警察官などです。

ビジネス上の取引相手であっても、公務員へはお歳暮を贈らないようにしましょう。また、公務員にお歳暮を贈ると賄賂だととらえられる恐れもあります。

企業方針で禁止されている

病院関連者では、企業の方針で贈答品を受け取らない場合があります。お世話になった医師にお歳暮を贈りたい気持ちはわかりますが、特定の患者さんをひいきしないため、贈答品の受け取り自体を禁止している場合があるため確認してください。

また、一般企業でも会社の方針でお歳暮を受け取らない場合があります。初めてお歳暮を贈るときで相手が受け取ってくれるかわからない場合は、「都合のいい受け取り日時はありますか?」などさりげなく聞いて、相手からお歳暮を断りやすい雰囲気を出すことが重要です。

うな重の写真
豊洲市場の目利きが厳選した鰻特集ページはこちら>>