一年に一度の母の日には、相手に日頃の感謝を伝えたいと考えるものです。しかし、「いつもありがとう」という言葉だけでは物足りないのではないかと感じてしまい、メッセージに悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

今回はそのようなときに使える、母の日のメッセージの具体例を紹介します。いくつかの具体的な文例を知っておけば、相手に感謝の気持ちがしっかり伝わるメッセージを贈れるはずです。

また、相手を不快にさせたり、失礼なことを言ってしまったりするリスクも避けられます。相手が思わず笑顔になってしまうような、心温まる文例を知っておきましょう。

母の日の贈り物は「メッセージを添えて贈ろう」

母の日は日頃の感謝の気持ちを伝える絶好の機会です。しかし、ただプレゼントを渡すだけでは、少しもったいありません。

「ありがとう」という気持ちは言葉にしないと伝わらないので、プレゼントを渡す場合はメッセージも一緒に贈りましょう。花やお菓子などの贈り物に、メッセージカードを添えるだけで、より素敵なプレゼントになります。

普段は恥ずかしくて直接言えないようなことも、メッセージにすれば伝えられるはずです。形として残るものなので、宝物として保管してもらえるかもしれません。

最近はおしゃれなグリーティングカードが販売されているので、そちらにメッセージを書くのもおすすめです。見ているだけでワクワクするような、可愛らしいカードにメッセージを書くだけで、特別感を与えられます。

カードは遠方に住んでいる場合に限らず、同居しているお母さんにも喜ばれるものなので、ぜひ感謝の気持ちをメッセージにしてみてください。

母の日のギフトに添える「メッセージのポイント」

母の日のメッセージを考えるときは、3つのポイントを意識しましょう。

特別感を出すなら手書きで

最近は仕事やプライベートでも、手書きの文字を書く機会が少なくなりました。特にメッセージを送る場合は、メールで簡単に伝えることができてしまうため、手書きで物事を伝える人が減っています。

だからこそ母の日には、手書きでメッセージを書いてみてはいかがでしょうか。手書きだと特別感が増し、よりメッセージの内容が心に響くようになります。

もちろん字をキレイに書けなくても問題ありません。相手が読みやすい大きさの文字を意識するだけで十分です。短いメッセージでも良いので、できる限り手書きにしましょう。

思い出を盛り込む

これまでお母さんとどのように過ごしてきたのか、思い出をイメージしながら書いてみてください。感謝の気持ちがより深まり、どんどん伝えたい言葉が溢れてくるはずです。

「あの時はありがとう」という具体的なエピソードがある場合は、メッセージに含めてみるのもおすすめです。何に感謝しているのか、何が嬉しかったのかなどが伝わるので、より相手に喜んでもらえるメッセージになります。

エピソードがいくつもある場合は、思い切って長い手紙を書いてみるのもよいでしょう。普段あまり書く機会がない手紙を、母の日にプレゼントしてみてください

相手を気遣う言葉を入れる

仕事や家事など、さまざまなことを頑張っているお母さんを気遣うメッセージもおすすめです。「頑張ってね」という一言だけでも、相手は非常に嬉しいものです。

とくに離れて暮らしているお母さんは、娘の労いの言葉でモチベーションが上がり、気を引き締めて頑張れるようになるかもしれません。また、健康を願うようなメッセージもポイントです。

最近はコロナウイルスの影響もあり、家族の体調は非常に気になってしまいます。「いつまでも元気でいてね」という気持ちをストレートに伝えるだけでも、きっと喜んでもらえます。

「実の母親」へ贈るメッセージ文例と書き方

ここからは、実のお母さんへの具体的なメッセージ文例を紹介します。

書き方のポイントは、お母さんに対して普段の呼び名を使うことです。そうすることで、自然体でやわらかい文章になります。実母という関係であれば、メッセージに気を遣いすぎなくても良いので、いつも通りの文章を書きましょう。

書き方と言っても、思っていることをそのまま書けば良いだけので、難しく考える必要はありません。感謝の気持ちをダイレクトに伝えてみてください。

メッセージ文例:同居している場合

「お母さんへ。いつも家族のために頑張ってくれてありがとう。
母の日なのでプレゼントを贈ります。
いつまでも元気でね。」

「いつもは恥ずかしくて言えないけど、お母さんには本当に感謝しています。
自分も子育てをしてみて、お母さんがいかにすごい人なのかが実感できました。
ここまで育ててくれてありがとう。」

「いつも美味しいご飯を作ってくれてありがとう。
子どものころからお母さんのことを心から尊敬しています。
ささやかだけどプレゼントを贈るね。」

メッセージ文例:遠方に住んでいる場合

「お母さん、元気?
仕事が忙しくてなかなか帰れなくてごめんなさい。
これからも健康に気をつけてね。」

「いつも子どもたちのことを気にかけてくれてありがとう。
今度のお休みに、みんなで遊びに行くね。
感謝の気持ちをこめて、プレゼントを贈ります。」

「お母さん久しぶり。体調は大丈夫かな?
このご時世だから、身体に気をつけて過ごしてね。」

ART チョコレートドライフルーツギフト『パッション』 190g (10種)

ART チョコレートドライフルーツギフト『パッション』 190g (10種) 
価格4,480円(税込)

お花に見立てたドライフルーツとチョコレートのギフトです。メッセージカードもお付けできます。大切な方へのギフトにどうぞ!!

「義理の母親」へ贈るメッセージ文例と書き方

ここからは、義理のお母さんへの具体的なメッセージ文例を紹介します。夫から妻の母へ送る場合の例文もご紹介するので参考にしてください。

義理のお母さんへのメッセージは、「お母さん」と書くのがポイントです。このように表記することで、相手に親しみのある印象を与えられます。「お義母さん」だと距離感があるので、壁を感じさせないように注意しましょう。

基本的には自分のお母さんに書く内容と同じで問題ありません。日頃どのように接しているかに合わせて、話し言葉や敬語などを使い分けてください。また、夫への感謝の気持ちをメッセージに含めるのも好印象です。

メッセージ文例:妻から義母へ送る場合

「妻として立派に成長できているのは、いつもお母さんがいてくれるおかげです。
お母さんが大好きなスイーツを送るので、ぜひ召し上がってください。
これからもよろしくお願いします。」

「いつも美味しい料理のおすそ分け、ありがとうございます。
子どもたちや〇〇さんも、いつも喜んでいます。
今度はぜひ料理の作り方を教えてください。」

「お母さんのお家で一緒に暮らしてから、毎日楽しいことでいっぱいです。
〇〇さんと結婚できたことも、とても幸せに感じています。
〇〇さんを産んでくださって、本当にありがとうございます。」

メッセージ文例:夫から妻の母へ送る場合

「お母さん、いつも子どもと遊んでくれてありがとうございます。
お礼の気持ちをこめて、お菓子を贈ります。」

「いつも気を遣っていただきありがとうございます。
未熟な父親ですが、これからもよろしくお願いします。」