母の日の贈り物は、大切なお母さんに贈るプレゼントのため、喜んでもらえる贈り物を選びたいと思っているはずです。しかし毎年のことなので、何を贈ったらよいのか悩んでいないでしょうか。

この記事では、そのような悩みを解消できるプレゼントの選び方を紹介しています。定番の品から、母の日だから選びたい贈り物をいくつかまとめました。

お母さんが喜ぶ贈り物を選びたい方は、紹介する母の日の相場・母の日の由来をチェックしてみてください。また、お母さんに喜んでもらえる贈り物の選び方のコツも紹介します。

母の日とは「お母さんへ日頃の感謝を伝える日」

母の日は、母を労い日頃の感謝の気持ちを伝える日です。いつどのように母の日の習慣が始まったのかを理解すると、何をする日なのかわかりやすいでしょう。

母の日の由来

母の日の由来はいくつかありますが、日本ではアメリカのアンナ・ジャービスの話が有力だとされています。平和のため社会貢献をしてきた彼女の母が亡くなり、1908年の母の追悼式に母が好きだった白いカーネーションを飾り、参加者にも花を配りました。

母を想うアンナの行動がきっかけとなり、1914年にはアメリカで5月の第2日曜日が母の日と制定されることになります。このころの母の日は平和を願う気持ちや、社会貢献をした母をたたえるものでした。

日本へ母の日の習慣がキリスト教と一緒に伝わったのは、明治末期ごろです。大正時代には教会でイベントが開催されるようになり、一般の人にも母の日の風習が広まっていきました。

母の日はいつ?

母の日は、5月の第2日曜日です。日本ではもともと皇太后の誕生日3月6日が母の日でしたが、アメリカの風習に倣って現在のようになりました。

何をする日なの?

母の日は、日ごろのお母さんの苦労をいたわり感謝の気持ちを伝えるため、カーネーションを贈る人が多いようです。カーネーションの花が選ばれている理由は、アンナ・ジャービスの行動が影響しているからでしょう。

また、カーネーションの花言葉は、「感謝」や「誇り」などです。定番の赤いカーネーションは「母への愛」が花言葉で、母の日の贈り物にピッタリです。

プレゼントの予算は「 3,000~5,000円」が一般的

母の日の贈り物選びで迷ったら、一般的な予算を目安にしてみましょう。感謝の気持ちを伝える贈り物のため予算は自由ですが、高価なものは避けることをおすすめします。

3,000円~5,000円が目安

母の日はカーネーションなどの花やスイーツなどの贈り物が定番で、3,000円からの予算であれば、少しいいものが選べます。社会人になって初めての給料で母にプレゼントしたいなど特別な日であれば、1万円を上限に贈る方もいるようです。

高価なものを避ける理由

母として子どもからプレゼントを贈られれば、嬉しい気持ちがあります。しかし、高価な贈り物だとお母さんが気を遣う恐れがあるため、金額は高すぎないよう注意してください。

贈り物は、金額の高さで感謝の気持ちが伝わるわけではありません。お母さんが気軽に受け取ってもらえるよう、適度な金額の贈り物にメッセージカードを添える方法や、母が喜びそうな贈り物を選んだ行為自体を贈る方法がおすすめです。

ART チョコレートドライフルーツギフト『パッション』 190g (10種)

ART チョコレートドライフルーツギフト『パッション』 190g (10種) 
価格4,480円(税込)

お花に見立てたドライフルーツとチョコレートのギフトです。メッセージカードもお付けできます。大切な方へのギフトにどうぞ!!

プレゼントの選び方は「特別感」や「贅沢」がポイント

母の日のプレゼント選びで迷ったら、次に紹介するポイントをチェックしてみてください。日常とは少し違う特別感を意識できるよう、選び方のポイントをいくつか紹介します。

華やかなもの

母の日の贈り物は赤いカーネーションが定番ですが、いつも同じだと代わり映えがしません。花を贈るなら、豪華な花の色や種類に注意してみましょう。

たとえば、華やかな花のプレゼントとして、ハーバリウムがあります。枯れる心配がない花の雑貨で、インテリアとして楽しみたいお母さんにおすすめです。

自分では買わないもの

母の日にスイーツを贈るなら、お母さんが自分で買わない少し贅沢なお菓子を選んでみてください。限定品で普段は入手できないものや、デザインが豪華なスイーツなどは、特別な贈り物になります。

ファッションが好きなお母さんには、普段は手が出ないブランド品を選ぶ方法もあります。小物なら予算以内でおさまるので、普段使いできる小物を選んでみてください。

贅沢を味わえるもの

いつも家族のために尽くしてくれるお母さんには、贅沢を味わえるグルメはどうでしょうか。手作りの料理を家庭で楽しむ方法や、レストランを予約して家族みんなで楽しむ方法もおすすめです。

美容によいもの

いくつになっても女性は綺麗でいたいもので、美容にいいものは母の日の贈り物として喜んでもらえます。コスメを選ぶなら普段使っているものよりワンランク上のものや、スペシャルケアができるものがおすすめです。

また、疲れがたまっているお母さんへは、高級感のあるマッサージやエステのギフト券を贈る方法もあります。これらは普段の生活でわざわざ時間を取ってまで利用したいとは思わないかもしれませんが、母の日は家のことは家族に任せてゆっくり過ごしてもらいましょう。

母の日に贈る「定番・人気のプレゼント」

プレゼント選びで迷ったら選びたい、母の日の定番アイテムをいくつか紹介します。花束やスイーツなどは人気がありますが、お母さんの好みにあわせて工夫してみましょう。

フラワーギフト

花束を贈るならカーネーション以外にも、ガーベラやバラの花束、鉢植えのアジサイなども人気です。生花を贈るのを避けたいときは、プリザーブドフラワーを選んで長期間インテリアとして楽しんでもらう方法もあります。

スイーツギフト

甘いものが好きなお母さんへは、毎日少しずつ食べられる個包装グルメを選びましょう。いろいろな種類の焼き菓子がセットになったものなら、家事の合間の休憩に楽しんでもらえます。

キッチングッズ

毎日家事を頑張っているお母さんには、家事に役立つ便利グッズがおすすめです。電気ケトルやトースターなどの家電製品、フライパンなどの調理器具も母の日の贈り物として定番です。

ファッショングッズ

ファッショングッズをお母さんへ贈るなら、日常生活で使えるものがよいでしょう。たとえば、バッグ・傘・お財布・ポーチなどがあります。

お母さんの趣味がわかっているなら、身に着けられるアクセサリー類もおすすめです。女性はキラキラしたものを身に着けると嬉しいもので、お母さんが綺麗でいられるグッズは喜んでもらえます。