お中元を贈るのが初めてだと、包み方で迷うかも知れません。自分がもらうときには意外と包み方を気にしていることは少ないのですが、それでも相手にとって失礼のない包み方にしたいのではないでしょうか。

包み方で迷うなら、のしの掛け方や書き方、また包装紙や風呂敷の包み方まで確認しておいてください。お中元の包み方は購入したお店にお任せすることもできますが、自分でも最低限のマナーを覚えておくと安心です。

とくに目上の方へお中元を贈るときは、包み方に注意が必要です。お中元の包み方で知っておきたい基礎知識を紹介していきます。

お中元の包み方は「包装紙」と「のし紙」が基本

お中元のような慶事の贈り物は、のし紙と包装紙で包むのが基本です。のし紙とは、のしと水引を印刷した紙のことです。

もともとはアワビを乾燥させ伸ばしたものを「のし」として利用していましたが、現在では簡素化され印刷したものを使うようになりました。お中元では「末永いお付き合い」の意味がある「紅白蝶結び」の水引を使います。

また、のし紙と似たものに、掛け紙があります。掛け紙はのしがなく水引の印刷のみで、弔辞に使うことが多いものなので、間違わないようにしましょう。

お中元でのし紙を使わないケースは、贈る側または受け取る側が喪中の場合です。喪中の場合は、のしと水引どちらも印刷されていない「白無地の紙」を使用してください。

品物の包み方は、「斜め包み」または「キャラメル包み」です。包装紙に対して斜めに品物を置き包んでいくのが斜め包みで、包装紙の中央に品物を置き左右からかぶせるように包む方法がキャラメル包みとなっています。

デパートなどでお中元を購入したときは、斜め包みかキャラメル包みで包んでくれます。お中元の品として購入すれば基本的にこれらの包み方ですが、慶事と弔事では包み方が若干違うため注意してください。

ご自分でお中元を包むときは、簡単に包みやすいキャラメル包みがおすすめです。慶事では右側の紙が上になるように包み、弔事では左側の紙が上になる違いがあります。

斜め包みでは、包んだときにできるポケットが箱の上にくるようにしてください。また、弔事の場合は、ポケットの部分が下になります。これは金封を包む場合と同様で、慶事のポケットは上・弔事のポケットは下と覚えておくといいでしょう。

のし紙の「水引」「表書き」「名入れ」のマナー

お中元には「のし紙」をかけるのがマナーです。水引の結び方やのし紙の種類によって意味が異なるので、お中元にふさわしいものを選べるようにしてまきしょう。

水引

お中元に使用するのし紙では、紅白蝶結びの水引が印刷されたものを使います。

蝶結びは何度も結び直すことができることから、繰り返してもよい意味をもっており、お中元のような慶事の贈り物では、紅白蝶結びの水引を使うのが基本です。

また、結婚祝いのように繰り返さないほうがよい場合には、結び切りの水引を使います。結び切りはほどくのが難しく、結婚祝いや快気祝いなどに用いるものなので、お中元に間違って使わないようにしてください。

表書きと名入れ

お中元ののし紙には、表書きと名前を書きます。表書きは、水引の上中央に「お中元」または「御中元」と書いてください。

名入れは、表書きの真下にくるように、表書きより小さく書きます。フルネームにするか名字だけにするかは、お中元を贈る相手との関係性で変えるようにしましょう。

家族間や目下の人へお中元を贈る場合は名字だけにすることが多く、目上の方へはフルネームを書くのが一般的です。上司や恩師へのお中元はフルネームにしてください。

また連名で贈る場合は、目上の方の名前を一番右に、そのあとは役職や年齢に沿って左に並べて書くようにします。連名は3名までとし、4名以上になる場合は代表者の名前を表書き真下に書き、それ以外は代表者の左に「他一同」と書き別紙に名前を書いてください。

なお、表書きと名入れは、毛筆で書くのが望ましいでしょう。ただし、最近は筆ペンやフェルトペンで書くケースが増えており、これらを用いても相手に失礼にはなりません。

黒以外のペンや鉛筆・シャープペンシルで書くことは避けるのがマナーです。

手渡しの場合は「内のし」、郵送の場合は「外のし」を選ぼう

お中元ののし紙の掛け方には、「内のし」と「外のし」の2種類があります。品物をのし紙で包んでから包装紙を掛けるのが内のしで、品物を包装紙で包み外側にのし紙を掛けるのが外のしです。

配送でお中元を贈るときは、配送時にのし紙が傷つかないよう内のしを選ぶとよいでしょう。また、身内への内祝いのように贈る気持ちを控えめにしたい場合も内のしを用います。

一方で、お中元を手渡しするときや、気持ちを強く伝えたいときは外のしがおすすめです。外のしは表書きと名前が見えるため、贈り物の意図や贈られた人の名前がわかりやすい特徴があります。

ただし、内のしと外のしの使い分けが明確に決まっているわけではありません。地域による風習によっても異なるため、マナーを守りたいときは事前の確認がおすすめです。

手渡しの際の風呂敷の包み方は、結び目のない「平包み」

お中元を手渡しするときは、風呂敷で品物を包んで持参するのが正式なマナーです。風呂敷がないときは、紙袋に品物を入れて持参しても構いません。

風呂敷の包み方

風呂敷で品物を包むときは、「平包み」にします。平包みは風呂敷をほどくことが容易で品物を取り出しやすく、お中元を手渡しするときに便利です。

包み方は、風呂敷を裏側にしてひし形に広げてから真ん中に品物を置き、手前を真ん中に向かって折り、続いて左・右の順番で真ん中に向かって折りましょう。最後に、奥の端を上に掛けて先端を下に巻き込みます。

また、品物を安定させて持ち運びたいときは、「使い包み」がおすすめです。同じように風呂敷を広げてから、手前・奥の順番でかぶせ余った布は下に折り込み、左右の端を「真結び」します。

風呂敷は、70cm~90cm角くらいのサイズが使いやすいです。お中元のような慶事では暖色系がよく、弔事や普段使いには寒色、またどちらにも使えるのは紫で、風呂敷の色で迷ったらまずは紫を選ぶことをおすすめします。

お中元の渡し方

お中元を手渡しするときは、風呂敷や紙袋から品物を取り出しておきます。どちらものし紙や包装紙の汚れや痛みを防ぐためのもので、手渡しする前に包みをほどかなければなりません。

品物を取り出したら、相手に向かって表書きを向けましょう。手渡しするときは外のしを用いて、相手に表書きが見えるようにしてください。

風呂敷や紙袋は持ち帰るのがマナーですが、出先での手渡しで紙袋があると相手にとって便利なときは、「袋のまま失礼いたします」と一言添えて渡しても大丈夫です。また、紙袋はできるだけ未使用のものを選ぶのがよく、購入する際にお店の人に伝えれば綺麗な紙袋をもらうことができます。