60代のお母さんに母の日の贈り物をしたいと考えても、どのようなプレゼントがよいか悩むかもしれません。この年齢になると豪華な贈り物より実用的なものを好むことがあるので、今までと事情が変わり悩んでしまうものです。

この記事では、60代のお母さんに気兼ねなく受け取ってもらえる実用的な母の日のプレゼントの選び方をまとめました。小物からグルメまで紹介しますので、お母さんに合わせて比較してみてください。

60代の母親へ贈る「母の日の予算」

60代のお母さんへ贈る母の日の予算は、1,000円~10,000円程度です。金額の幅が広いのは、贈る方の年齢や贈る目的によって異なるからで、それぞれ詳しく解説していきます。

学生の場合

贈る方が学生なら、母の日の予算は1,000円~2,000円程度です。お母さんは子どもの経済状況を理解しているので、無理に高価なものを贈って気を遣わせないようにしましょう。

学生の場合はプチギフトでもよいですが、少しお値段が高いものを贈りたいときは、兄弟姉妹やお父さんとお金を出し合う方法がおすすめです。

一般的な相場

社会人の方が母の日のプレゼントを贈るなら、3,000円~5,000円程度が目安です。学生の場合と同じで高価なものをプレゼントすればいいわけではなく、お母さんを大切にしたい想いを重視して選んでください。

花を贈るならこの予算で豪華なプレゼントが選べます。義母の場合は10,000円程度の贈り物を選ぶ方もいるようですが、相手が負担に感じないか、毎年贈れる予算なのか考えてみてください。

特別な贈り物の場合

お母さんが60歳になり還暦と母の日のお祝いを一緒にするのなら、10,000円程度の贈り物を贈る場合があります。また、母の日とお母さんの誕生日が近い場合も、一般的な母の日の予算より高めにしてもよいでしょう。

60代のお母さんに贈る「プレゼントの選び方」

60代のお母さんに贈ると喜んでもらえる、プレゼントの選び方のポイントを紹介します。普段買えないような高級感のあるものなのか、また60代のお母さんが使いやすいのか考えてみてください。

年齢に合ったもの

60代の女性は物を見る目が肥えているので、品質にこだわった贈り物がおすすめです。たとえば、肌触りのよいもの、日本製で丁寧に作られたもの、使いやすさにこだわった実用性の高いもの、デザイン性の高いものなどがあります。

欲しがっていたもの

普段の生活でお母さんが欲しいものをさりげなくリサーチしておきましょう。たとえば、バッグやお財布を長く使っているようなら、そろそろ新しいものを欲しがっていないか、さりげなく聞いてみてください。

お母さんと一緒に買い物に行く機会があるなら、お母さんが手に取ったものや、ポジティブな評価があったアイテムなども贈り物におすすめです。相手が義母で欲しいものがわからないときは、周りの人からさりげなく聞いてもらう方法もあります。

お母さんの好みに合うもの

お母さんのライフスタイルに合わせて、好みに合う贈り物を選んでください。たとえば活動的で出かけるのが好きなお母さんへは、スカーフ・バッグなどのファッションアイテムを贈ると喜んでもらえます。

日ごろから癒しを求めているお母さんへは、バスグッズや限定コスメなどリラックスできるものがいいかもしれません。普段の生活をよく観察して、お母さんの趣味に合うものや悩みを解消できるグッズを選んでみてください。

日用品は避ける

お母さんが欲しがっているものでも、普段の生活で買いやすいものはNGです。たとえば、プチプラコスメ・洗剤・シャンプーなどで、いつも使っているアイテムを贈ると、特別感が薄れてしまいお母さんを大切にする気持ちが伝わりにくくなります。

60代のお母さんに喜ばれる「実用的なアイテム」

60代のお母さんに喜ばれる実用性の高いプレゼントを紹介します。ジャンルごとに比較しながら、お母さんが好むアイテムを選んでみてください。

キッチン家電

料理をする機会が多いお母さんへは、時短になる家電や手間が減る機能性の高いキッチングッズなどを贈ってみましょう。たとえば60代は長時間の作業が苦痛になることがあるので、お菓子作りが趣味ならハンディブレンダーはどうでしょうか。

忙しいお母さんへは、圧力鍋など下処理が少なくなり時短調理が叶うキッチン家電がおすすめです。タイマー付きの料理器具なら、ほかの家事をしながら料理ができて、手の込んだ料理の手間が少なくなります。

ファッション小物

外出先でも使える実用性の高いものを選びたいなら、エコバッグ・眼鏡ケース・財布・バッグなどがあります。60代になるとそろそろ老眼鏡や拡大鏡が必要になる年齢で、首から下げられるアクセサリータイプの眼鏡アイテムもおすすめです。

また、お出かけが好きなお母さんへは、日傘やストールなどを選んでみてください。いくつになっても女性は紫外線が気になるもので、60代の女性にふさわしいレース付きの高級感のあるアイテムを選ぶと、お母さんはオシャレを楽しめます。

ファッションアイテムでは、気温差が激しいときに重宝するカーディガンがおすすめです。コンパクトになりバッグに入れられる薄手のもので、60代のお母さんの顔映りがいい色を選んでみてください。

リフレッシュ

ゆっくり過ごして欲しいお母さんへは、紅茶やコーヒーなどのお茶類や、マグカップなどのアイテムがおすすめです。コロナ禍の影響もありおうち時間が増えているので、洋菓子や和菓子などのお菓子とセットになった商品も喜ばれるでしょう。

美容に気を遣うお母さんへは、日ごろ使っているコスメブランドの限定品や、ハイブランドコスメの美容グッズを選んでみてはどうでしょうか。スキンケアは肌に合わない、コスメは色が好みではないといった問題もあるため、できればお母さんと一緒にコスメを選んでみてください。

健康グッズ

60代になると健康に気を遣うお母さんが増えてくるので、ステッパー・EMS器具・マッサージ器などを選ぶ方法もあります。外出して運動をするのが一番ですが、毎日続けやすいよう室内で使える健康グッズを選んでみてください。

母の日には一緒に楽しめる「グルメギフト」も人気!

母の日に贈り物をするなら、お母さんと一緒に楽しめるグルメを選んでみてはいかがでしょうか。同居している場合や近くに住んでいるなら、お母さんが気兼ねなく受け取れて家族とのひと時を楽しめる、次に紹介するグルメを比較してみてください。

お肉系

食べるのが好きなお母さんへは、少し豪華なお肉はどうでしょうか。すき焼きに使える和牛、豪華な雰囲気のローストビーフなどが人気です。

ローストビーフは調理の手間がなく、サンドイッチや丼ものにアレンジできます。お皿に盛りつけるだけでも豪華ですが、お母さんと食べられるメニューに変えてみるのもおすすめです。

お魚系

60代のお母さんは脂っこいものより、お魚が好きになる年齢でもあります。そのようなお母さんには、高級干物のセットを贈ってみましょう。

干物は日持ちがしやすく、食べたいときに焼いて食卓に出すことができます。冷凍や真空パックになった商品なら、母の日に食べる分だけを取り出せるので便利です。

お寿司が好きなお母さんへは、奈良の郷土料理「柿の葉寿司」はどうでしょうか。柿の葉で包まれ香りがよく、保存性に優れているので持ち寄る場合におすすめです。

ドリンク系

お母さんと一緒に楽しいひと時を過ごしたいなら、お茶類やお酒がおすすめです。スイーツを買ってコーヒーなどのお茶を楽しむ方法や、お母さんと晩酌を楽しんでみてください。

スイーツ系

見た目が豪華なフルーツいっぱいのホールケーキは、お母さんと一緒に食べたいときにいいでしょう。日持ちするお菓子を選びたいときは、バームクーヘンやどら焼きなどの焼き菓子もおすすめです。

惣菜系

料亭やホテルのグルメギフトを持ち寄って、お母さんと一緒に食べ物を楽しんでみてください。お店に招待するとお母さんに気を遣わせてしまうかもしれませんが、自宅で一緒に食事を楽しむ方法なら気兼ねがなく、普段味わえないグルメを楽しめるでしょう。

ART チョコレートドライフルーツギフト『パッション』 190g (10種)

ART チョコレートドライフルーツギフト『パッション』 190g (10種) 
価格4,480円(税込)

お花に見立てたドライフルーツとチョコレートのギフトです。メッセージカードもお付けできます。大切な方へのギフトにどうぞ!!