60歳を迎える歳に行う還暦祝いの行事。ご両親やお世話になった方のお祝いは、どこで食事会を行うのがよいか迷っている人もいるのではないでしょうか。

家族の還暦が近づき内容を考えている方、自宅か自宅以外で行うか迷っている方向けに、還暦祝いの食事会の会場選びについてまとめて紹介します。還暦祝いの相場や還暦祝いらしい食事も紹介しますので、お祝いの参考にして喜ばせてあげましょう。

現代の還暦祝いは「感謝を伝える」ことがメインの行事

そもそも還暦祝いとは、どのようなお祝いなのでしょうか。いつお祝いをするのか、お祝いではどのようなことをするのか、くわしく紹介します。

還暦祝いとは

還暦祝いとは、満60歳または数え年で61歳のタイミングで行う長寿のお祝いです。もともとは数え年で行っていましたが、現在では60歳の誕生日を迎えた年に行うのが主流になっています。

還暦の「還」は還ることを意味し、暦は「干支(十干十二支)」のことを指します。十干十二支とは、干支と十干の組み合わせた60種類の干支のこと。60年で一巡することから、干支がひとまわりするほど長生きできたことを喜び、お祝いしたのです。

還暦祝いにはいつ・何をするか

還暦祝いには、とくにルールやマナーがある訳ではありません。家族や親戚が集まり、赤いちゃんちゃんこや赤色を使ったギフトを贈るのが一般的です。家族や親戚だけで行う場合や、親しい友人や職場の人を招いたりする場合もあるようです。

日にちに関しても、誕生日前後に開催するケースや、GWやお盆・お正月の帰省に合わせることもあります。また敬老の日のお祝いと一緒に、孫が中心となって行うこともあります。

いつまでにこれをしなければいけない、というような明確な決まりはありませんので、本人と相談しみんなが集まりやすい日に設定するのがおすすめです。寿命の延びた現代では、60歳はまだまだ現役です。長生きをお祝いするよりも、60歳の節目として、これまでの感謝を伝える場にするのがよいでしょう。

ふぐ鍋ギフトセット

お歳暮に心も体も温まる鍋セットはいかがでしょうか?
日本最大の魚市場「豊洲市場」からセリ人・仲卸とタッグを組んで企画した鍋をご案内!
厳選した食材を使ったふぐ鍋、水炊き、すき焼きなど、先様もきっとお喜びいただける鍋セットです!

還暦祝いの食事会は「リラックスできる自宅」がおすすめ

還暦祝いの食事会は、子どもの参加が多い場合には自宅で開催するのがおすすめです。ホテルやお店を予約して行う場合と何が違うのか、自宅開催のメリットを確認してください。

リラックスして楽しめる

ホテルやお店での開催では、小さい子どもが途中で飽きてしまう可能性や大声で泣いてしまう可能性があり、他のお客様にも配慮をしなければいけません。そうなってしまうと、主役である本人も心から楽しめなくなってしまいます。

その点、慣れた自宅であれば子どもが緊張することもなく、普段から使っているおもちゃやゲームなどを用意して対処することもできます。自宅開催では全員が周りを気にすることなく、落ち着いてリラックスした雰囲気の中でお祝いができるのがポイントです。

さらに本人や参加者の体調によっては、移動自体が負担になることもありますので、その点も考慮して会場を選ぶようにしてください。

参加人数の増減に対応しやすい

自宅で行うメリットは、急な人数変更に柔軟に対応できる点も大きいです。子どもの体調不良で当日出席できなくなってしまったり、当日参加人数が増えてしまったりと、イベントごとには急なアクシデントがつきものです。

自宅であれば、万が一の時にもキャンセル料がかからず、人数が増えてお店側に迷惑をかける心配もありません。

費用がリーズナブル

ホテルやお店など自宅以外で行う場合に比べ、準備に手間はかかりますが、費用を抑えることができます。参加人数によっては事前準備が大変になる場合があるので、そのようなときには、デリバリーやオードブルを予約するのがおすすめです。

誰か一人に負担がかかることがないように、お寿司やオードブルを予約して取りに行く係、サラダや前菜を作る係、後片付けを中心にする係など、主催者で分担して準備をするのがよいでしょう。

赤玉本店『カニ面と金澤おでん8種』の画像

赤玉本店『カニ面と金澤おでん8種』1〜2人前目安
価格5,800円(税込)

石川県金沢の地元料理「金澤おでん」。主役は、メスのズワイガニの甲羅にカニの身や内子をぎっしり詰めた「かに面」です。贈り物にもどうぞ!

還暦祝いの相場は「贈る相手によって異なる」

食事会の予算と同時に悩むのが、還暦祝いの相場です。両親へ贈る場合や祖父母に贈る場合など、還暦祝いの金額で迷ったら相手別の相場を参考にしてみてください。

両親・義両親へ贈る相場

両親や義理の両親への還暦祝いの相場は、30,000~50,000円が一般的です。もちろん家庭の事情によって変わってくるので、あくまでも目安として考えてください。

ただし、兄弟や姉妹がいる場合には、一人だけ高いものを贈ると揉める原因となるので、打ち合わせをして同じくらいの金額に合わせるようにしましょう。なお、お祝いに現金を贈る場合には、ギフトを贈る場合よりも少し高く50,000円~100,000円が相場となるようです。

祖父母に贈る相場

孫から祖父母に贈る還暦祝いは、10,000~30,000円が相場です。あまり高いものを贈っても気を遣わせてしまうことになるので、金額の大小よりも祖父母のことを考えて選ぶギフトが一番喜んでくれます。

小さいお子さんがいる場合には、似顔絵やお手紙などを一緒に贈ってあげましょう。

親戚・知人・上司へ贈る相場

親戚や知人・上司への還暦祝いは、5,000~20,000円が相場です。普段のお付き合いの度合いによって、予算を決めるとよいでしょう。

こちらも気を遣わせない範囲で、贈り物を選ぶようにしてください。上司で贈るのであれば、同僚とお金を出し合ってひとつの品物を贈るという選択肢もあります。

現金やギフトではなく家族旅行を贈る

少人数の還暦祝いでは、家族旅行を兼ねて旅行先でお祝いをするという方法もあります。行先によって増減がありますが、1人あたりの相場は10,000円〜50,000円ほどが目安です。

還暦祝いなど大きなイベントがないと、祖父母から孫まで一同に集まる機会はなかなかありません。子どもが大きくなるにつれ、さらに集まることが難しくなってしまうので、この機会に思い出に残るような旅行にするのもおすすめです。

還暦祝いの食事会におすすめの「食べ物」

還暦祝いでは、お祝いにふさわしい縁起がいいとされる食材や料理を準備します。どの食材にどのような意味があるのかをチェックし、お祝いの席にふさわしいメニューを揃えてください。

赤飯

お祝いや特別な日に欠かせない定番と言えば、お赤飯です。日本では赤いものは邪気を払うと言われており、同じように赤い食べ物も魔除けの力があるとされ、神様へ蒸した赤米を供えていました。赤米が作られなくなってからも、赤いご飯を供える習慣だけは根強く残り、徐々にお祝いの席でも振舞われるようになったと考えられています。

鯛の尾頭付き

「めでたい」の語呂合わせで有名な鯛は、還暦を象徴する赤色の食材です。邪気を払う赤色に加えて、さらに尾と頭がついた「尾頭付き」は縁起物の定番です。

伊勢海老

海老は「海の老人」と書き、平安時代から縁起のいい食材として用いられてきました。ひげが長く伸びるまで、そして腰が曲がるまで長生きをするという健康長寿を願う意味があります。とくに立派な殻を持つ伊勢海老は、武士の鎧の姿を想起させ必勝祈願につながるとも考えられています。

タコ

タコも海老と同じく茹でると赤色をしているため、魔除けの意味があるとおせちにも使われる食材です。さらに、タコは当て字で「多幸」と書くことから、多くの幸せを願うという意味が込められています。

豊洲市場の『伊勢海老・本マグロ入り贅沢お刺身5種盛り』 2〜3人前の画像

豊洲市場の『伊勢海老・本マグロ入り贅沢お刺身5種盛り』 2〜3人前 
価格6,980円(税込)

伊勢海老まるごと1尾が入った贅沢なお造りです。普段は寿司屋などに卸される一級品の原料を、豊洲市場の職人が刺盛りにいたしました!

国産材料のおせち「祝春華」の画像
おせちのご用意はいかがでしょうか? ぜひ厳選した国産材料の冷蔵おせちで美味しいお正月をお迎えください。>>