還暦祝いをしたいと考えていても、いつ行うのがよいのかは迷うのではないでしょうか。一般的なタイミングがあるのか、最低限のマナーはあるのか気になるかもしれません。

還暦祝いを開くタイミングとしていくつかのパターンを紹介しますので、本人やみんなの都合を考慮して決めてみてはどうでしょうか。少人数の開催なのか、家族や親戚を多く呼ぶのかによってもタイミングが変わるため、いつがよいのか複数のパターンを参考にしてみてください。

還暦祝いをする「時期」や「タイミング」に決まりはない

還暦祝いの時期に決まりはありません。好きなタイミングで大丈夫ですが、目安となる時期をいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

年齢は満60歳

還暦祝いをする年齢は、数えで61歳です。明治頃までは生まれ年を1歳として数えており、数えで61歳とは今でいう満60歳のことなので、還暦祝いは満60歳にやります。

60歳が還暦となるのは、60年で干支が一巡することからきています。昔は60歳まで長生きする人がそれほど多くはなく、干支が生まれ年の歴に還ることから長寿祝いをしていました。

現代では60歳になっても元気な方は多いようで、現役で仕事をしている人もいるでしょう。今では、いつまでも元気で過ごして欲しいという願いを込めて、還暦のお祝いをする人が増えているようです。

大安にこだわる必要はなし

還暦は人生の節目の年でもあるため、めでたい日を選びたいと考えるかもしれません。もちろん大安のようなめでたい日を選んでもよいのですが、参列者の日程を合わせるのが難しければ大安にこだわる必要はありません。

大安は結婚式で選ぶ人が多いため、週末の大安を選ぼうとすると、レストランやホテルの予約はすぐに埋まってしまう可能性があります。還暦になれば子どもも独立しており、日程を合わせるのが難しくなることから、お盆など家族みんなが集まりやすい日を選ぶ考え方がおすすめです。

琵琶湖 魚三の天然真鴨肉の鍋セットの画像

琵琶湖の天然真鴨肉の鍋セット
価格 5,800円~(税込)

猟銃を使わずに、網を使って捕獲した天然真鴨肉の鍋セット。野趣あふれる天然鴨すき、鴨鍋は絶品です。ギフトとしても喜ばれます。

「満60歳の誕生日」にお祝いをするのが一般的

還暦祝いの時期で迷ったら、誕生日がおすすめです。誕生日にお祝いする人が多い理由と、どのような場所で何をするのか詳しく紹介します。

誕生日が人気の理由

還暦祝いは数え年では61歳、満年齢で60歳になったお祝いのため、誕生日のタイミングでお祝いをする人が多いようです。誕生日に皆の都合がつくようなら、ぜひ誕生日のお祝いを選んでみてください。

普段の生活で還暦近い人が盛大な誕生会を開くことは少ないかもしれませんが、人生の節目となる60歳はその方にとっても特別な日となるので、誕生日と還暦のお祝いを一緒にしてみてはどうでしょうか。また、還暦祝いではお祝いの品を贈ることが多いようで、誕生日に還暦祝いをするとプレゼントを贈りやすいメリットがあります。

会社でお世話になった方へ贈るときでも、誕生日のタイミングなら受け取ってもらいやすいでしょう。

どこでお祝いをするのか

還暦祝いは、ホームパーティーを開く方法と、レストランなどの会場を借りて開く方法があります。少人数で周りに気を遣わないパーティーにしたいなら自宅を選べばよく、普段とは違った雰囲気の場所を選びたいなら会場を借りるとよいでしょう。

会場を借りると費用が高くなりますが、料理の手間を減らせるメリットがあります。参加人数が多くなるようなら、会場を借りたほうがいいかもしれません。

レストランの種類は、フレンチ・イタリアン・料亭・焼き肉など種類があります。個室完備のお店もあるため、小さな子ども連れの来客者がいるなら選んでみてください。

何をするのか

還暦祝いでは、食事会を開いてプレゼントを贈る流れが多いようです。赤いちゃんちゃんこを着てもらい記念撮影するのが定番ですが、贈り物はちゃんちゃんこにこだわる必要はなく、幅広い品物が選べます。

豊洲の海鮮ご馳走セットの画像

豊洲の海鮮ご馳走セット
価格:5,700円~

豊洲市場だからできる『海鮮ご馳走セット』です。お刺身や丼、鮨で楽しめるセット各種を、年末にかけて期間限定で出荷。ご自宅用はもちろん、ギフトとしても喜ばれます。

家族の集まる「お正月」や「お盆」「敬老の日」もオススメ

60歳の誕生日に皆が集まれないときは、別の機会でお祝いをしましょう。お正月・お盆・敬老の日も、還暦祝いの日としておすすめです。

お正月

お正月になると家族みんなが集まる家庭は少なくないため、還暦祝いも一緒に開きやすいのではないでしょうか。通常は満60歳になってから還暦祝いをしますが、お正月を選ぶなら誕生日前でも大丈夫です。

本来の還暦祝いは、お正月に行うものでした。数え年の61歳になる前のお正月~節分にかけてお祝いをするのが一般的だったため、今でも新しい干支のお正月を選ぶのは自然なことです。

お盆

お盆も家族みんなが集まる家庭が少なくないことから、還暦祝いの日に向いています。ご先祖様の霊をお迎えする日ですが、お祝いをしても問題ありません。

敬老の日

敬老の日は、長く社会に尽くしてきた老人を敬愛する日のことです。長寿を祝う意味もあるため、敬老の日に還暦祝いをする人も多いようです。

ただし敬老の日に還暦祝いをすると、老人扱いされているようで嫌がる人もいるかもしれません。本人が気にしなければ問題はありませんが、それでも長生きを祝うようにして、感謝の気持ちを伝えるよう心掛けてみてください。

孫からおじいちゃん・おばあちゃんへ何かプレゼントを贈るのを計画している場合もあるでしょう。まだ現役で働いており敬老の日をお祝いするような感じがなくても、還暦祝いとしてなら喜んでくれるかもしれません。

また、敬老の日は9月の第三月曜日で、シルバーウィークと重なることがあります。大型連休なら休暇を取りやすいので、家族や親戚が集まりやすいでしょう。

青森県尻屋産 キタムラサキウニ 塩うに(粒うに)2瓶 (1瓶あたり約60g)※冷凍の画像

青森県尻屋産 キタムラサキウニ 塩うに(粒うに)2瓶 
価格3,600円(税込)

新鮮なキタムラサキウニを余計な添加物は使用せず塩のみで仕上げた逸品です。お酒を召し上がる方への贈答品にぴったりです。

家族旅行には「ゴールデンウィーク」や「大型連休」も人気

最近は、大型連休に合わせて還暦祝いをするケースがあります。気候が落ちついていることや、家族旅行をプレゼントしやすい意味からです。

大型連休は早めの予約がおすすめ

ゴールデンウィークのような大型連休は、どのお店も混みあいます。レストランや宿泊の予約をしておくなら、早めに計画を立てるようにしてください。

5月のゴールデンウィークは気候が穏やかで、旅行にもピッタリの時期です。ただし、道路が混みあうことも考えて、移動時間を考慮して余裕のある日程を立てるようにしてください。

本人の希望や都合を聞こう

還暦祝いの時期は、本人の希望に沿った日が一番です。本人が温泉旅行を希望するときは、できるだけ早めに計画を立てて、無理のないスケジュールにしましょう。

また、親戚や友人など多くの人を招待するときは、事前にスケジュールを聞いておく必要があります。レストランの予約をする際にも人数の調節が必要なため、ゴールデンウィークに還暦祝いを計画するなら、参加できるか早めに聞いておくことをおすすめします。

ふぐ鍋ギフトセット

【3〜4人前】長崎県産 養殖トラフグ 薄造り・鍋セット  重箱入り 築地魚力
価格13,300円(税込)

とらふぐを堪能できる薄造り・鍋・皮刺しのフルコースのセットです。重箱入りでギフトにもピッタリです。

国産おせち
豊洲市場だからできる厳選素材のおせちはいかがですか?